アルバイト薬剤師に強い求人サイトは?

バイト薬剤師

アルバイト薬剤師は、子育てをしながら働きたいというママさん薬剤師に人気の職種です。

アルバイトであるために勤務時間帯や曜日である程度融通が効く上に、薬剤師という専門職の性質上、他のアルバイトに較べて時給が大幅に高めです。せっかく働くなら、自分が納得できる条件の職場で働きたいですよね。


そんな方におすすめしたいのが薬剤師専門の求人情報サイトです。自分の条件にマッチした求人のなかで、より時給の高い職場を比較選択できるのが魅力です。

以下ではアルバイト薬剤師に強い求人サイトを紹介していますので、よかったら参考にしてください。

バイト薬剤師に強い求人サイト、人気ランキング

  • 薬キャリア

    薬キャリア

    昨年の薬剤師登録者数でNo.1だった、薬剤師求人支援サイトです。人気の秘密は、病院から企業・ドラッグストアまで幅広い求人案件を抑えていることです。正社員やバイトだけでなく、派遣薬剤師にも対応していることも魅力の一つです。利用者からの満足度も93%とかなり高評価です。


     無料登録はコチラ

  • リクナビ薬剤師

    リクナビ薬剤師

    国内最大級の薬剤師求人支援サイトです。人材大手リクルートの運営とあって、豊富な求人数に加えて非公開求人も多く抱え、最も人気の高い求人サイトと言えます。転職案件には特に強いですが、バイト案件にも強みがあります。バイトの求人をお探しの方は是非登録しておきたい一社。


     無料登録はコチラ

  • ファルマスタッフ

    ファルマスタッフ

    最近、人気が急上昇している薬剤師支援サイトです。この会社の強みは、熱心な求人支援サポートにあります。転職支援希望者に対してより、ややサポートが落ちますが、それでもバイト薬剤師への求人支援にも定評はあります


     無料登録はコチラ

  • 薬剤師転職ドットコム

    薬剤師転職ドットコム

    医療系求人の大手メディウェルが運営する薬剤師求人支援サイトです。「転職ドットコム」というサイト名ですが、薬剤師バイトにも対応しています。利用者満足度95%を誇る求人会社で、会員限定の優良求人を数多く抱えています。少しでもバイト薬剤師の優良求人を探したい方は、併せて登録しておいて損のない会社です。


     無料登録はコチラ



アルバイト薬剤師の働き方!メリットやデメリットって?



薬剤師の働き方も様々ありますが、フルタイムでの勤務が難しい方に人気なのがアルバイトです。アルバイトと言うと、雇用の安定性では不安な一面もありますが、それを上回るメリットも沢山ありますので、常勤に負けないくらい魅力的な働き方ができると言えます。

常勤で働いてきたけどバイトに興味があるという薬剤師さんや、まずはバイトで経験を積みたいとお考えの方は、ぜひ当サイトでアルバイト薬剤師という働き方について勉強してみてくださいね。

ここでは簡単に、アルバイト薬剤師ならではのメリットやデメリットについてお話致します。


アルバイト薬剤師のメリット


1.自由にシフトが組める

アルバイトは、安定性の面では欠ける雇用形態ではありますが、常勤とは異なり、フルタイムでの勤務は求められません。そのため、自分の都合やライフスタイルに合わせて、シフトを組むことができます。

また、バイトは短時間での勤務が可能ですので、働きながら家事や育児とを両立させることも容易になります。

2.時給が高い

薬剤師は、国家資格であり、その専門性が非常に高い分野であるため、どこの職場でも時給が高く設定されています。勤務日数が少ない分、正社員や派遣社員の月給に比べると劣ってしまいますが、2,000円前後で募集しているところが多くあります。

また、薬剤師不足に陥っている地方の薬局などでは、4,000円近い時給で募集しているところもあります。

3.新しい職場に変えやすい

薬剤師の職場、特に調剤薬局などは閉鎖的な空間であることや、女性も多く働いていることから人間関係に悩む者も少なくありません。

常勤であれば、そうした悩みがあっても我慢して働き続けなくてはならない強い責任感が伴いますが、それに比べて身軽なアルバイトの場合は、比較的辞めやすい状況であることがメリットだと言えます。

4.キャリアアップに励むことができる

また、薬剤師は上昇志向が高い人も多く、さらなるキャリアアップを目指して資格取得
に励む者も多くいます。

正社員ですと、残業や休日出勤も多く、勉強やプライベートに充てる時間が少なくなってしまいます。しかし、アルバイトであれば勤務日数が自由に選べる職場もありますので、自分の目標に向かって時間を有意義に使うことができます。

実際、ドラッグストアよりも年収の高い製薬会社へ就職するために、薬剤師アルバイトとして働きながら就活している方も多くいます。


アルバイト薬剤師のデメリット



アルバイト薬剤師ならではのデメリットも存在します。

1.重要な仕事を任されない

薬剤師不足が深刻している地方でない限り、管理薬剤師など、責任のある仕事を任されることはほとんどありません。その為、収入アップは難しいですし、薬剤師としてのやりがいを実感できないと、仕事の物足りなさを感じる方も少なくありません。

しかし、逆にいえば、責任感は持てど、リスクのある仕事を担当したくないという方の場合には好都合だと言えます。

2.アルバイトは実務経験にカウントされない場合がある

いくらアルバイトで経験を積んでも、実務経験としてカウントされないことがあります。今後もアルバイトやパートで働く予定の方は問題ありませんが、ゆくゆくは正社員として働きたいとお考えの場合は不利になってしまう可能性もあります。

3.人間関係で悩みやすい

アルバイト薬剤師の悩みとして1番多いのは、実は人間関係です。特に常勤薬剤師との関係に悩まれる方は少なくありません。常勤薬剤師の方はフルタイムで働くため、アルバイト薬剤師の方に較べて自分の方が立場が上と無意識のうちに考えてしまう方が少なくありません。

考えてしまうだけならまだ良いのですが、実際にそれを態度として表し、アルバイト薬剤師に「上から目線」の対応で接している方もいらっしゃいます。

アルバイト薬剤師の方からすれば、自分と同じ薬剤師の立場であるのにそこまで偉そうにされる理由は理解できません。ただし同じ職場でより長い時間働いてる正社員薬剤師の方が、自然と立場が強くなるというのはどの職場でも見られる現象です。

4.年収が低くなる

時給が高いとはいえ、正社員のような昇給やボーナス、退職金などの支給は基本的にありません。その為、アルバイト薬剤師は時給のみで稼ぐことになりますので、年収はそう高くありません。

アルバイトとして長く働けば働くほど、常勤との収入の差が気になってしまうでしょう。常勤と同じような業務をこなしている場合には、さらに不満が膨らんでしまいます。


収入は仕事へのモチベーションにも繋がりますよね。アルバイト薬剤師が収入アップするには、ひとつに常勤へ転身してみるという方法もありますが、家庭の事情などからバイトの形態で働き続けたいという方も多いと思います。

その場合は、やはり他の職場へ転職を考えてみると良いでしょう。


薬剤師は、未だ全国で人員が不足している傾向があるため、パートやアルバイト求人が多くあります。メリットでも述べたように、地方には時給4,000円を超えるような高時給が叶う薬剤師求人もありますので、バイトで収入アップを目指している方は探してみると良いでしょう。

アルバイトで高時給が狙える職場は様々ありますので、下記で紹介いたします。


アルバイト薬剤師の求人先で時給が高いところとは?



アルバイト薬剤師の求人先で時給が高いところは、どのようなところがあるでしょうか?

1.ドラッグストア

まずベタな答えではありますが、一つはドラッグストアです。ただしご注意頂きたいのは、どのドラッグストアでも時給が良い訳では無いことです。

その地域やお店の薬剤師の人で不足状況に応じて、時給は大きく違ってきます。ドラッグストアの場合、東京や神奈川、大阪や名古屋といった大都市の方が時給が高くなる傾向があります。

人が集中する分、仕事も大変になりますが、最低でも時給2,000円は固いでしょう。

ですのでそうした時給の動きをキャッチして、自分が通える範囲内で、より時給の高い求人先に応募するのが賢いやり方です。そうした求人情報キャッチするためにも、求人サイトに登録しておく必要があります。

2.夜勤

時給が高いその他の勤務先としては、夜勤バイトがあります。こちらは深夜の勤務になりますので、育児をしながらというのは難しいかもしれませんが、週に1~2日程度の勤務やご家族の協力があるならば、より短い時間で効率よく稼ぐことができます。

夜勤バイトがある求人先は、大半がドラッグストアや病院です。その他時給の高い求人先として、調剤薬局や日中の病院勤務が挙げられます。

ただし、こちらは常に求人があるわけではありませんし、過去の経験がある程度問われますので、どなたでも勤められる職場ではありません。その点に注意して選ぶ必要があります。

3.地方の調剤薬局

やはり地方の薬局は、薬剤師が少ないため、アルバイトでも高時給が狙えます。また、派遣で働く場合には、高時給であることに加え、住宅手当や引っ越し手当などが支給されることもあり、バイトやパートよりも好待遇で働ける求人先もあります。


こうした時給の高い、薬剤師のアルバイト求人は人気が高いため、出てきたらすぐに定員が埋まってしまう可能性があります。そのため、自力で探すのにも限度があります。条件の良いアルバイト求人を探すにはどうしたらよいのでしょうか。


アルバイト薬剤師の求人を見つけるには?



「なかなか良いアルバイト求人が見つからない・・・」とお悩みの方は、薬剤師専門の求人サイトを一度覗いてみることをお勧めいたします。

専門の求人サイトには、全国から集められた薬剤師求人が数多く紹介されています。画面上から条件をチェックするだけで、自分の希望に沿った求人をいくつかピックアップしてくれます。


そのため、時間や手間もかかりませんので、働きながらでも新しい職場を見つけることが可能です。

今の職場にお悩みで、アルバイト求人をお探しの薬剤師さんはぜひ、薬剤師専門の求人サイトを利用してみてくださいね。一社だけだと求人の偏りもありますので、2~3社に登録して、その中から色々比較して選択することをお勧めいたします。

下記では、アルバイト求人に特化したおすすめの求人サイトを紹介していますので、参考にしてください。

 アルバイト薬剤師のオススメ転職サイトはこちら


<関連サイト>
日本薬剤師会

厚生労働省


このページの先頭へ