アルバイト薬剤師の効率の良い探し方




薬剤師の仕事は正社員だけではありません。最近では積極的にアルバイトというワークスタイルを選ぶ薬剤師も増えています。自分の条件に合った職場を見つければ、アルバイト薬剤師であっても充実した仕事ができたり、高収入を目指すこともできるのです。

ここではアルバイト薬剤師が条件の良い職場を効率的に探す方法を紹介します。どうぞ、みなさんの職場探しの参考になさってください。


薬剤師のアルバイト求人の探し方は?

一般的にアルバイトと正社員を比較した場合、「正社員のほうが何かと得」というイメージがあります。しかし、すべての薬剤師にそれが当てはまるとは限りません。

正社員よりもアルバイトのほうが向いている薬剤師とはどんな人なのでしょうか?

・子供さんが小さくてフルタイムでは勤務できない
・家事や育児、介護などを優先して効率よく働きたい
・過去に正社員で苦労したことがあり懲りている
・ブランク明けで不安なのでアルバイトから復帰したい
・アルバイトでいろいろな職場を経験したい

ほかにも、正社員薬剤師というスタイルにこだわらない、自分のペースで仕事をしたい、高時給なら正社員でなくてもいい等々、アルバイト薬剤師を選ぶ理由はたくさんあります。このような方は正社員にこだわらず、アルバイト薬剤師の仕事を選ぶといいでしょう。

次に、基本的なアルバイト求人の探し方を挙げていきます。

インターネットで探す



インターネットを利用してスマホやパソコンで求人を探す方法です。最近では紙媒体よりもネットで求人を探す方法が主流となっています。「薬剤師 アルバイト」で検索し、求人情報サイトから自分の条件に合った職場を見つけることができます。

求人フリーペーパーで探す

駅やコンビニには求人情報が掲載されたフリーペーパーが置かれています。専用ラックに「自由にお取りください」などと書かれている求人フリーペーパーを目にしたことがある方も少なくないでしょう。

新聞の求人広告欄で探す

新聞の求人広告欄から薬剤師のアルバイトを探す方法です。掲載紙によって求人内容はまちまちですが、薬剤師募集の広告が載っている場合もあります。新聞に挟み込まれている求人の折り込み広告もチェックしましょう。

薬局の店頭広告で探す

薬局の店頭に「薬剤師アルバイト募集」などの広告が貼付されていることがあります。その店舗で働く薬剤師を募集している場合と、系列チェーン店で働く薬剤師を募集している場合があるので内容をよく確認してください。

有料の求人誌で探す

テレビCMでもお馴染みの求人誌などでアルバイトの仕事を探す方法です。有料の求人誌は価格もリーズナブルで、複数誌をチェックしてもさほどコストはかかりません。定期的に発行されているのでチェックみるといいでしょう。

知人の紹介で探す

友人、知人、家族、親戚などからの口コミで探す方法もあります。ある程度身元を保証してもらえるので採用されやすいというメリットがあって便利です。大学の先輩や同級生、薬剤師の知人からのツテも大切です。


効率良く探すなら薬剤師求人サイトがおすすめ!



アルバイト薬剤師の求人探しで最も効率が良いのが「薬剤師求人サイトを利用する」という方法です。

薬剤師求人サイトとは、薬剤師への求人募集を専門の行なっているインターネットサイトのことをいいます。専門サイトですから求人は薬剤師のみが対象となります。ほかの媒体でアルバイトを探すより効率的で、なおかつ良質な求人募集の情報を得られるなどメリット大です。

薬剤師求人サイトのメリット

・薬剤師向けの求人が一括して分かる

一般的な求人サイトや求人誌、求人広告では、多種多様な職業を対象とした募集から薬剤師向けの求人を探さなくてはなりません。そこからさらに正社員や派遣社員などを分別し、アルバイト薬剤師の求人を探すのは非効率的です。

その点、薬剤師求人サイトなら薬剤師向けの求人しか掲載されていません。薬剤師向けの求人を一括して見られるので時間や手間の無駄を省くことができます。

・薬剤師求人の条件を絞って探せる

WEBの求人サイトの最大の利点は検索が可能という点です。勤務地、勤務先の種類、雇用形態、給与などを選択するだけで、自分の希望条件にマッチした求人先を簡単に絞って探すことができます。

さらに薬剤師求人サイトなら、勤務先も「薬局」「ドラッグストア」「病院」などで絞れたり、「調剤あり」「OTC販売のみ」など細かい条件で絞ることが可能です。これは薬剤師専門サイトを利用する大きなメリットといえます。

・専任アドバイサーに相談できる

薬剤師求人サイトには専任アドバイサーがいるのが一般的です。アドバイサーは薬剤師の求人に詳しく、事前にアルバイト求人先の細かい情報まで伝えてくれます。

例えば「給料は?」「仕事内容は?」「人間関係は?」など、薬剤師が知りたい情報が事前に得られるので効率良く求人先が探せます。

・最新の薬剤師アルバイト求人が分かる

紙媒体の求人誌や新聞の求人広告は、目にした時点ですでに募集が締め切られている等のデメリットが発生することがあります。条件の良い求人募集には応募が殺到し、求人側が早めに募集を締め切ってしまう傾向があるからです。

薬剤師求人サイトはWEB媒体ですから、締め切った募集が掲載されていることがないので、そのような無駄を省くことができます。言い換えると、薬剤師アルバイト求人がリアルタイムで分かるということです。


アルバイト薬剤師の求人は、薬剤師専門サイトの利用が効率的でおすすめです。登録はWEBフォームから簡単にでき、しかも無料で利用できるので試してみる価値大といえるでしょう。より自分の希望に合った求人先を探したいなら、2~3社の求人サイトに登録すると効率的に探すことができます。

給与(時給)や勤務日・時間といった条件面は、専任アドバイサーと相談することも可能です。こうした薬剤師専門の求人サイトを上手に活用し、自分の希望にマッチした薬剤師アルバイトを見つけてください。

<アルバイト薬剤師の効率の良い探し方のまとめ>

  • アルバイトは育児や家事と仕事の両立に適している
  • ポイントは自分の条件に合った求人先を選ぶこと
  • 求人先探しには新聞広告や求人誌などをチェック
  • 最も効率的なのは薬剤師専門の求人サイトを利用する方法
  • WEBサイトなので条件面の検索も簡単にできて便利
  • サイトに登録すると専任アドバイサーに相談できる

 アルバイト薬剤師に強い求人サイトは?




このページの先頭へ