気になる薬剤師の業務内容について!




薬剤師は、専門知識をもとに医師の処方箋に基づいて薬を調合するのが仕事です。ただし具体的に毎日どんな業務を行い、何がポイントになるのかというのは、その勤め先によって様々に異なります。

そのことを知らないまま求人を選んでしまうと、「自分がやりたかった業務とは違う」と感じてしまうことがあるかもしれません。

そこで、薬剤師が実際にどんな業務内容をこなしているのか、勤務先別に紹介していきましょう。


【勤務先別】薬剤師の業務内容をご紹介!

調剤薬局での薬剤師の業務



調剤薬局での薬剤師の主な業務は、「調剤」「服薬指導」「薬歴管理」の3点です。

病院やクリニックなど、医療機関の医師が出した処方箋をもとに薬を調剤し、服薬指導では、患者さんに薬を渡す際、服薬方法や効能、保管法といった必要情報を説明して、治療や健康についてアドバイスしたり相談を受けたりします。


この際、患者さんから薬の効き目や副作用、使用感などをヒアリングし、その情報を医師や製薬企業にフィードバックするのもまた、薬剤師の仕事です。薬歴管理では、患者さんがこれまで服用した薬や副作用情報の履歴を蓄積・管理します。

近年では、高齢者向け施設や自宅などへ往診サービスを行う調剤薬局が増加しています。往診には薬剤師が同行し、在宅医療のための調剤・服薬指導を行います。薬局での調剤・指導から一歩踏み込み、患者さんの自宅での服用状況や薬の管理状態までをサポートすることができます。


薬局の規模や人員によって異なりますが、店内の清掃や看板出し、備品の補充、医薬品データの管理、患者さんの対応や情報入力、レジ業務、医薬品の発注、検品や入庫、伝票整理などを薬剤師が行う場合もあります。

ドラッグストアでの薬剤師の業務



ドラッグストアでの薬剤師業務には、「OTC」=Over The Counter、つまり医薬品の対面販売の業務が加わり、OTCの割合によって「調剤業務のみ」「OTC販売のみ」「調剤業務と並行してOTC販売」という3つのパターンに分けられます。

調剤室を併設するドラッグストアでは、調剤業務も経験することが可能です。OTC販売では、お客様の症状や希望について相談を受け、それに合った市販の医薬品やサプリメントをおすすめします。


商品知識はもちろんのこと、お客様から信頼を得て必要な情報を引き出すコミュニケーション能力が役立ちます。

ドラッグストアでは薬以外の生活雑貨や食品を多く取り扱い、これらの販売はもちろん、商品の発注、検品、陳列、棚卸など、薬剤師も細かな業務を行います。


店長などの役職に就くと、スタッフのシフト管理や採用、売上・コスト管理などがあり、業務量はかなり多めです。それぞれの業務量のバランスは企業や店舗によって異なるため、事前にしっかり把握しておきたいポイントです。

<関連記事>
アルバイト薬剤師(管理薬剤師)

病院での薬剤師の業務



病院薬剤師の仕事では、「外来・入院患者向けの調剤」「服薬指導」「注射剤の調剤」「TDM(薬物治療モニタリング)」「DI(医薬品情報業務)」「薬品管理」が挙げられます。

来院・入院患者さんが正しく薬を服用できるよう、処方薬の使用法や注意点などを説明し、副作用をチェックします。


医師や看護師とともにチーム医療の一員として、病棟での薬剤管理指導を行います。患者さんの薬の効果や改善状況を確認しながら相談に応じたり、薬剤のデータを収集していきます。近年ではこの業務に特化した「病棟薬剤師」を置く施設が増えています。

医師の処方に基づいて、注射剤を混合・調剤します。注射剤は体内に直接注入され、また作用が強いものが多いため、投与量や経路、速度や期間のチェック、混合の可否などを慎重に行う必要があります。


TDMは、個々の患者さんにとっての最も安全で効果的な薬物療法を医師とともに組み立てる作業です。抗けいれん薬や抗生物質など、特に匙加減が難しい投薬の際に行います。

新たに発見された医薬品の副作用や効果についての情報は、DIセンターへと集約し、薬剤師が情報を評価、整理、保管します。病院スタッフからの問合せに対応したり、刊行物で能動的にフィードバックを行う病院もあります。


医薬品の供給、在庫管理、品質管理も病院で働く薬剤師の大切な仕事です。麻薬等の法的な管理や、特定の医薬品では長期の情報管理が必要とされます。

治験を受け入れている場合には、その窓口となって製薬会社とのやり取りを行ったり、院内感染防止になどに関わっていきます。専門科目を扱う病院では、それぞれの分野の専門看護師を目指したり、知識・スキルの向上を期待できます。


薬剤師の業務の幅は病院の規模や経営によりけりで、それぞれ独立した業務を担当する場合もあれば、兼務もあります。

<関連記事>
アルバイト薬剤師(夜間&単発)

その他の勤務先では?

製薬会社や治験企業などで活躍する薬剤師もいます。管理薬剤師は、薬事法に則って医薬品の管理を行う仕事です。学術・DIでは、製薬会社において自社製品に関する問い合わせに対応したり、マーケティングや開発に際し情報提供等を行います。

治験の施設選定や契約、モニタリング、症例報告書の作成やフォローなどを行う、臨床開発モニター(CRA)、治験コーディネーター(CRC)といった仕事もあります。


転職をご希望の薬剤師さんへ


薬剤師の仕事は調剤だけではない

薬剤師のメイン業務は、やはり調剤・製剤であり、その専門知識を学び、国家資格を得ています。ただしそれだけにとどまらず、調剤した薬を患者さんに渡すという仕事では、患者さんとしっかりコミュニケーションを取り、信頼を得ていく必要があります。

病院看護師では、単純に処方通りの薬剤を出しても患者さんの体調の都合で服用が難しいケースがあります。患者さんが服用できるよう剤形を変えたり、点滴や経口食で調整するなど、臨機応変な対応を行うのも薬剤師の仕事です。

このように仕事の性質に応じて、薬剤師の業務の重点や、必要とされる適性が変わってきます。

希望の職場に転職するなら

「職場の方針が自分の希望と違う」「別のスキルを伸ばしてみたい」「患者さんからの直の声を聞きたい」といった気持ちがあるときには、転職を考えてみましょう。

薬剤師求人は豊富で、研修が充実した未経験者向けの求人や、600万円以上など高収入も可能な求人など選択肢は様々です。まずは薬剤師向けの転職サイトに登録し、求人選びの優先順位を決めて希望に合うものを探します。

それぞれの業務を見てわかるように、薬剤師の業務は同じジャンルでも勤務先施設により様々です。転職サイトを上手に利用して、実際の業務範囲や待遇をしっかり確認しておいてくださいね。

<気になる薬剤師の業務内容について!・まとめ>

  • 調剤薬局では調剤、服薬指導、薬歴管理が基本
  • 往診サービスでは一歩踏み込んだサポートができる
  • ドラッグストアではOTCの割合が高く業務が細かめ
  • 病院では病棟での指導や薬剤管理などが加わる
  • 業務の幅やポイントは勤務先によって違う
  • 転職サイトなら業務内容を詳細に把握できる




このページの先頭へ