薬剤師の勤務形態や労働時間について教えて!




薬剤師は様々な勤務形態が用意されている職業です。そのため自分にとって最適な働き方を選びやすいともいえるでしょう。

しかし、それぞれの勤務形態について正しく理解しておかなければ自分に向いている働き方を選ぶことはできません。

そこで、薬剤師の勤務形態や労働時間などについてご紹介します。


薬剤師の勤務形態はどうなってる?

薬剤師の勤務形態は他の職業と同じように正社員、パート、派遣といった働き方が一般的です。
それぞれの勤務形態についてチェックしてみましょう。

正社員

仕事に安定感を求めている方におすすめの働き方です。基本給が決められており、月給制の働き方となります。できるだけ福利厚生が整備されている働き方を選択したい方はこちらを選択しましょう。

また、職場によっては働きに応じて昇進、昇格といった制度を用意しているところもあり、ボーナスも期待できます。


薬剤師として上を目指したい、頑張りをしっかり評価してくれるところを選択したい場合には正社員が最適です。

しかし、連休などの休みが取りにくく、職場の中には転勤を命じられるところもあるためこの点はデメリットといえます。

パート



薬剤師はパートという働き方も非常に人気があります。パートは正社員に比べて稼げないと思っている方もいるはず。しかし、薬剤師の場合は時給2,000円以上が一般的となっているため、パートでもしっかり稼ぐことができます。

特に薬剤師としてのスキルが磨かれており、経験も豊富な方だと3,000円以上の時給が設定されることも珍しくありません。


正社員の給与と比べても安いわけではないので、正社員よりも休みを取りやすく給料も高いパートという働き方も一つの選択肢です。

また、パートとして働く大きなメリットともいえるのが転勤の心配がないということ。
特に薬局やドラッグストアの中でも全国規模の所で働いていると正社員は異動や転勤といった心配もありますが、パートであればそういったことがないので安心です。


出産や子育てを理由に退職した方の場合、子育てが落ち着いてから職場復帰を目指すこともありますよね。まだ子どもが小さいうちから働く場合は何かと休みを取らなければならない事情も多いでしょう。

それから、パートやアルバイトといった働き方だと週3日、1日4時間というように細かい希望が通りやすいのが魅力です。


今はどの職場でも薬剤師不足の状態になっており、薬剤師の希望に沿った働き方を用意してくれるところが増えているので相談してみてはどうでしょうか。

派遣

派遣といえばデメリットが多い働き方という認識があるかもしれませんが、薬剤師の場合はメリットも大きいです。

自分の希望に沿った形で勤務日数を調整できるので、ライフスタイルを大切にしたい方はこちらの勤務形態をチェックしてみましょう。


正社員と違って間に派遣会社が入ってくれるため、もしも給与アップなどの交渉を行いたい場合は自分の代わりに派遣会社が行ってくれます。ただ、正社員のように何十年にもわたってその職場で働き続けることはできません。

まずは派遣社員として働いて様子を見た後にお互いの合意があれば正社員として働く紹介予定派遣という選択肢もあるので、こういった制度を取り入れているところを選択するのもおすすめです。


派遣の場合もパートと同じく時給で給料が支払われます。

ただ、パートと比べた場合には派遣の方が時給が高くなる傾向にあるため、できるだけ薬剤師の仕事で稼ぎたいと思っている方には派遣という働き方も向いているでしょう。

<関連記事>
薬剤師が派遣で働く場合はどんな点に注意する?


薬剤師の勤務・労働時間は?



薬剤師に限らず、医療関係の仕事は忙しくてなかなか休みが取れないようなイメージがあるかもしれませんが、薬剤師の場合は看護師や医師に比べると休みが取れやすい職業だといえます。

そのため、全く休みがもらえずに限界を感じて職場を離れてしまった…というようなケースは少ないでしょう。


ただ、病院で働く薬剤師は休みが取れにくい傾向にあるため、このあたりは注意しておかなければなりません。

入院患者がいないクリニックであれば大きな心配はいりませんが、できるだけ定期的に休みが欲しいということであれば病院を避けておくのがおすすめです。

忙しい病院での勤務になると大型連休なども出勤になる可能性が高くなります。

薬剤師の労働時間

薬剤師の労働時間はどこで働くのかによって変わってきますが基本は一日8時間となっています。これは薬剤師に限った事ではありませんよね。

休憩時間を除いて8時間が一般的となるので、どこで働くとしても正社員の場合は8時間くらいを一つの目安としてみましょう。


厚生労働省が行った調査によると、平均労働時間は月に160時間という結果が出ました。一日の平均勤務時間を8時間とすると1ヶ月に20日勤務すればこのような数字になります。

それから勤務開始時間は職場によって違うので注意が必要です。


調剤薬局は9時から始まるところが多いのですが、ドラッグストアの中には8時から営業している所もあるため、気になっている職場がある場合はそこで働いた場合の勤務時間についてもチェックしてみましょう。

製薬会社の場合も9時から勤務開始となるところが多いです。

<関連記事>
小さな子供がいる薬剤師が働ける職場


転職を考えている方は薬剤師転職サイトに相談!



勤務時間にこだわって自分に向いている職場を探したいのであれば、転職サイトに相談してみるのもおすすめです。

1人で転職活動をすることも不可能ではありませんが、転職をするとなればやらなければならないことがたくさんありますよね。

転職サイトを利用すると求人情報を代わりに集めてくれますし、給料や休みに関する交渉もしてくれるのが嬉しいポイントです。


また、薬剤師の働き方は様々なのですが、自分で希望している働き方をするためにも最適な職場探しが欠かせません。

実際に働き始めてみないとその職場の内部事情や人間関係、休みが取れやすいかどうかについてはわからない場合も多いのですが、転職サイトを利用すれば内部事情にも詳しいコンサルタントの方がサポートしてくれるので職場探しをする際に大きな参考になるはずです。


求人情報にはほとんど残業がないと書かれていたとしても、就職した後に残業ばかりだった…と悩まされている方は珍しくありません。

本当に環境の良い職場探しをする際にも転職サイトを役立ててみましょう。

<薬剤師の勤務形態や労働時間について教えて!まとめ>

  • 薬剤師も正社員、パート、派遣などの働き方がある
  • パートや派遣でも高い収入が期待できる
  • 労働時間は平均して一日8時間程度
  • 病院薬剤師は休みが取れにくいことがある

 アルバイト薬剤師に強い求人サイトは?




このページの先頭へ