薬剤師、休日がしっかり取れる職場はどこ?




医療関係の仕事は忙しいイメージがありますよね。しかし、職場によって忙しさは大きく違います。薬剤師の場合も休日がしっかり取れる職場もあれば、そうでないところもあるのです。

できるだけ休日がしっかり取れる職場に転職したいと思っている方のために、おすすめの職場情報についてご紹介しましょう。


薬剤師、休日がしっかりとれる職場はどこ?

ドラッグストア

ドラッグストアは全国にたくさんの店舗があります。そのため求人情報が見つけやすい職場だともいえるでしょう。

ドラッグストアで休日がしっかりとれる理由として挙げられるのが、薬局や病院薬剤師に比べて調剤をする仕事が少ないということです。


調剤薬局が併設された職場では薬剤師がいなければならないため、人手の足りない職場などでは急な調剤の仕事が入った際に休日返上で仕事をしなければならないケースもあります。

それがないドラッグストアでは休日がしっかり取れる傾向にあるのですが、ドラッグストアといえば朝早くから夜遅くまで営業しているところも増えてきましたよね。


ほとんどの職場ではシフト制を取り入れているのですが、人手が足りていないところなどは1人当たりの業務時間が長くなるため、職場によって忙しさには違いがあります。

保健所

保健所で働く場合、薬剤師は地方公務員として雇われます。公務員といえばお給料はもちろんのこと、休日も安定しているのが特徴ですよね。

これを薬剤師の場合も同じことがいえるため、保健所で働くことができれば定期的に休みも取れます。

調剤薬局



調剤薬局は世間一般の休日は休みが取れる可能性が高いです。残業もそれほど多いわけではないので、子育てをしながらでも働きやすい職場だといえるでしょう。

ただ、研修がある際には遅くまで残らなければならないケースもあるのでこの辺りは注意が必要です。

総合病院に併設している薬局の場合は土日が休みのところが多いため、それに合わせて休みを取れるでしょう。

企業薬剤師

企業で働く薬剤師は一般的な会社員と同じく休みが取れます。一般的には月曜日から金曜日まで働いたら土日と祝日は休みになるわけです。

職場によって忙しい時期や担当する仕事内容なども違うので一概には言えませんが、休日出勤をしなければならないようなケースはほとんどありません。


ただ、企業薬剤師は待遇が良くて収入も良いものの、残業が発生しやすいのがデメリットです。残業があったとしてもしっかりと日祝日に休みが取れれば良い方であれば問題ないかもしれませんが、残業をしたくない方は注意してみてくださいね。

それから、製薬会社の研究室で働く場合は休みの予定が大きく崩れることもあります。

思うように研究が進行していない場合には休み返上で仕事をしなければならないケースもあるため、休日がどのような扱いになっているのかよく求人票を確認してから応募しましょう。

<関連記事>
治験コーディネーターの仕事とは


逆に休日が少なくて残業や夜勤が多い職場はどこ?



残業も多く、なかなか休みも取れない職場といえば病院が代表的です。実際に病院で働いていたものの、なかなか休みが取れないことに不満を感じてやめてしまった方もたくさんいます。

たくさんの患者さんと触れ合うことになるのでやりがいは感じられるかもしれませんが、精神的に疲れてしまう方も多いので、病院への転職を検討しようとしている方は休みが取りにくい職場だと理解しておきましょう。


それから、病院で働く際に注意しておきたいのが救急の有無に関することです。総合病院では救急対応をしているところが多いのですが、その際に薬剤師の力が求められる職場だった場合、休日だったとしても思わぬ呼び出しが発生する可能性があります。

職場によっては当直もあるため、よく確認しておくことが大切です。救急のある総合病院だったとしても常勤の薬剤師がしっかり確保できている所もあるため、そういった職場ならば休みが取りにくい事態は防げるでしょう。


ただ、総合病院で自分の希望通りに休みを取るのはほぼ不可能だと思っておかなければなりません。

休みが取れないことに不満を感じて辞めた方も多いので、スキルアップのために働ける職場を探しているのであれば総合病院は向いていますが、休みを取りやすい職場を探している方には向いていません。

<関連記事>
病院と薬局勤務、薬剤師の違いはどこ?


休日の多い職場探しのポイント



自分が仕事をする上でどのような働き方をしたいかよく考え、転職支援サイトで相談するのがおすすめです。

人によって休みに希望することは違いますよね。日曜日は休みが欲しいけれど土曜日は特に希望しない方もいれば、休みにはそれほどこだわらないけれどできるだけ残業が少ないところが良い方もいるはず。


休みや残業に関する情報は求人情報に掲載されているのが一般的ではありますが、いざ働き始めてみると求人情報に書かれていた情報とは少し話が違う…というところも珍しくないのです。

転職支援サイトのコンサルタントに相談をすれば本当に自分の希望に合っているのはどの職場なのか判断しやすくなるでしょう。


特に休みや残業に関することは働き始めてから不満を感じたとしてもなかなか解決できません。就職してすぐに休みが少ないと気づいたとしても、休みがないから辞めますとはなかなか言い出しにくいですよね。

職場選びに失敗して無駄に転職回数を重ねないためにも自分にとって最適な職場探しをすることが大切です。その際に転職エージェントが力を貸してくれるでしょう。


休日が多い職場や残業が少ない職場についてご紹介しましたが、必ずしもどこの職場でも同じことが言えるわけではありません。例えば、人手の足りていない職場では思うように休みが取れなかったり、予定外の残業が発生することもあるでしょう。

ただ、就職する前にその職場の忙しさについて情報を収集するのはなかなか難しいことなので、そういった場面でも職場の内部事情に精通しているエージェントの話が参考になります。

専門家に相談をしながら休日がしっかり取れる職場探しをしてみましょう。

まとめ

  • ドラッグストア、保健所、調剤薬局、企業薬剤師は休みがとれやすい
  • 企業薬剤師は残業が発生する職場もある
  • 病院は休みがとりにくく、残業も多い
  • 転職支援サイトのコンサルタントに相談して職場探しをするのがおすすめ




このページの先頭へ