薬剤師を目指すには?




近年薬剤師という職業を目指す人が増え、薬学部の新設が相次いだ結果、薬学部は飽和状態にあり、今後薬剤師が余っていくのではないかという声が聞かれます。日本の薬剤師数は、先進諸国と比較しても多めです。

とはいえ、いずれの職場でも薬剤師は足りているというわけではなく、その求人は決して少なくありません。


薬剤師は国家資格であるというハードルだけでなく、受験資格を得るための大学進学やその費用など、現実的にかなりの努力を必要とします。

本気で薬剤師を目指したいと考えるならば、進学する大学の選択や費用の準備、そして卒業後の進路まで、具体的にイメージすることが大切です。ここでは薬剤師を目指す方法や費用を中心に情報を提供します。


薬剤師を目指す方法を教えて!

薬剤師の試験を受けるには



薬剤師は、国家試験に合格してなることができますが、受験資格として「大学の薬学部、もしくは薬科大学で6年間の薬剤師養成課程を修了していること」が条件となります。

短期大学、専門学校、大学の夜間部などは一切存在せず、最短でも6年間、日中の大学に通って学ばないと、薬剤師になることは出来ません。


かつては4年制の薬学部を卒業しての受験が可能でしたが、平成18年以降は6年制課程の修了のみが認められるように制度変更されています。

4年制大学を修了後、6年制と同等と認められるだけの修学を追加して受験資格を得る道もありますが、かなりの労力が必要なために、ほとんどの方が6年制大学を経て国家試験を受けています。


これから薬剤師を目指す場合、6年制の大学に進学するのが薬剤師になるための最短ルートです。

<関連記事>
6年制薬剤師の就職状況と今後について

どの大学で、何を学ぶのか

薬学を学べる大学は、北海道から宮崎県まで全国に74校存在し、国立、公立、私立大学から選ぶことができます。

6年間の課程では、有機化学、生物化学、薬剤学、疫病学といった講義や、調剤薬局での実習などを経て、薬学についての幅広い知識、スキルを身につけていきます。これは、薬剤師の仕事は調剤や服薬指導だけではなく、衛生環境や食品衛生の検査、医薬品開発など多岐にわたっているためです。


1~3年次までは主に基礎科目を学んだり基礎実験を行い、4年次以上では実務実習、研究が主になります。4年次の後期には、実習ができるレベルかどうかを測る試験を受け、これに合格しないと5年次に進級出来ません。

5年次の実習は、病院と薬局、それぞれの施設で2ヶ月半ずつ行われます。その後研究室に配属し、卒業研究を行います。すべての課程を卒業、もしくは卒業見込みになれば、薬剤師国家試験を受けることができます。


傾向として、薬剤師となってから研究の道に進みたいという方は国公立大学が向いており、国家試験対策に力を入れたい、就職先を重視したいという場合には私立大学の方が良いと言われます。

モデルとなるカリキュラムに沿った内容であっても、その学習内容を見てみると、実務に重きを置く大学、座学が充実した大学、実験が多い大学など、各大学ごとに特徴があります。


勉強したい内容のほか、学費や薬剤師試験の合格率、就職先など様々な情報を総合的に判断して、進学する大学を選んだ方が良いでしょう。

薬剤師国家試験の概要、就職先は?



薬剤師国家試験は、年に1回実施されています。会場は、北海道、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、徳島県、福岡県といった各地域の大都市で設定されます。「物理・化学・生物」「衛生」「薬理」「薬剤」「法規・制度・倫理」などの分野からの出題です。

合格率は大学や実施年度によるばらつきが多く60~90%となっていますが、平均して70%前後と言われ、決して簡単な試験ではないことが分かります。試験に合格して申請することで厚生労働省の薬剤師名簿に登録され、薬剤師免許が与えられます。

6年次のうちに就職活動を行いますが、不合格となれば内定が取り消されることもあります。就職先は調剤薬局を中心に、ドラッグストアや病院が多く、高待遇の製薬会社や、公務員となる官公庁の薬剤師は、競争率が高いために狭き門となっています。

<関連記事>
気になる薬剤師の業務内容について!


資格取得にかかる費用は?


大学6年間分の学費が必要

進学する大学によって大きく違いますが、薬剤師になるためには、確実に大学6年分の学費、そしてその間の生活費が必要です。下記におよその金額例をまとめます。

・国公立大学
入学金:28万円
授業料:年間53万円×6年
 合計:350万円

・私立大学
入学金:40万円
授業料:年間134万円×6年
施設費:60万円
 合計:910万円


私立の高額な施設では、学費の総計が1,200万円を超えるところも珍しくありません。これにプラスして、教材他の様々な諸経費や生活費が必要です

このように、薬剤師の試験を受けるためにはかなりの費用が必要となり、これを準備できないために資格そのものを諦めてしまう方もいるのが事実です。

奨学金や特待生制度の利用

一部の大学では、奨学金や特待生制度を設けています。特待生に選ばれれば学費が一部免除され、通常よりも安い学費で大学を卒業することが可能です。

特待生枠はかなり少ないためかなりの難関ですが、成績に自信がある方は受けてみると良いでしょう。まずは、ホームページやパンフレットなどで情報を集めてみましょう。


日本では、薬剤師は医師の処方通りの調剤を行うイメージですが、海外では医療と薬学は分業するのが一般的です。日本でも今後医薬分業を進めるべく、その布石として薬学部の6年制への変更が実施されています。

今後は薬剤師にも、より高い専門知識が求められていくことでしょう。


このように薬剤師になるまでの修学の期間や費用を覚悟する必要があり、そのハードルは決して低いものではありません。それでも「薬剤師になりたい」という希望する方は、大学入学~就職までをイメージし、計画的に行動を進めてください。

<薬剤師を目指す方法と資格取得にかかる費用は?・まとめ>

  • 国家試験受験には6年制大学の修了が必須
  • 薬学に関する知識を広く学び、実習・研修も多い
  • 大学によってカリキュラムの傾向が違う
  • 試験は年に1度、70%前後の合格率
  • 学費は大学により、350~1,200万円必要
  • 費用、試験合格率、就職先などを総合判断して大学を選ぼう

 アルバイト薬剤師に強い求人サイトは?




このページの先頭へ