6年制薬剤師の就職状況と今後について




2006年に薬学部が4年制から6年制に変更となり、薬剤師を目指すための修学期間が1.5倍になりました。そして2012年から、6年制薬剤師が社会に出て、医療現場で薬剤師として活躍しています。

つまり現場には、6年制薬剤師とそれ以前の4年制薬剤師とが混在しているわけですが、その就職状況に違いは見られるのでしょうか。

まずは6年制薬剤師とはどのようなものなのか、4年制との違いを含め確認したうえで、6年制薬剤師の就職状況、今後の見通しをまとめます。


6年制薬剤師とは?4年制と何が違うの?

薬剤師の受験資格が変更に



薬剤師の国家試験の受験資格として、大学の薬学部を修了するという条件があります。以前は薬学部は4年制だったため、4年間の課程を修めて試験に合格すれば、薬剤師になることができました。


しかし近年の行政・業界の流れから、4年制修了では薬剤師育成に不十分と考えられるようになり、2006年(平成18年)に学校教育法が改正されて、薬学教育が4年制から6年制へと変更されました。6年制というのは、医師や歯科医師になるための修学期間と同じです。

2012年に6年制大学の1期生が卒業、就職して薬剤師となり、現在では6年制薬剤師が少しずつ増えてきています。

6年制に変更された背景

薬学部が6年制へと変更されるきっかけとなったのが、グローバル化に伴って指摘されることとなった「日本の薬剤師教育の遅れ」です。

日本では国民のほとんどが健康保険に加入し、気軽に病院を受診することができますが、アメリカでは健康保険は任意加入で医療費そのものが高額であり、健康維持の基本はセルフメディケーションです。


医薬分業のチーム医療が一般的であり、薬剤師も医師と同じ処方権を持っています。そのため患者のQOL向上のための意識が高く、その待遇も平均年収1,100万円と高いものになっています。

日本でもチーム医療の考え方が普及し始めて、これまでの調剤中心の業務から、より積極的に医療に関わる薬剤師が求められ始めています。


将来的に医薬分業を目指す国の方針、薬剤や医療の進歩に伴い吸収すべき知識が増えていること、医師や患者さんとのコミュニケーション力や、より高い倫理観が薬剤師に必要とされることから、薬学部の6年制変更が選ばれたのです。

4年制薬学部との違いは?



大学の通学期間が4年と6年とでは、費やす時間も費用も大きく違ってきます。卒業までの心構えが違ってきますし、学費も1.5倍となります。学費の合計は、国公立でも400万円弱、私立大学であれば1,000万円を超えることも普通です。

履修内容を比較すると、6年制になったことで薬局・病院での実習期間が約5倍に延び、履修科目も増加しています。


薬学部は、6年制のほかに4年制の学部も存在します。6年制薬学部の目的は薬剤師の養成であり、一方で4年制薬学部の目的は薬学研究者の養成です。薬剤師の資格取得を目標にするならば、6年制を選ぶほかありません。

「薬剤師資格がなくても、将来的に薬学研究が出来れば」と4年制を選ぶ前に注意したいのが、卒業後の進路です。薬学の研究職の求人では、ほとんどが大学院修士課程以上が条件になります。


そのため、4年制が終わってから改めて2年大学院で学ぶこととなり、就業までに必要な期間が最短6年というのは変わらないことになります。

しかも研究職は募集そのものが少なく、かなり狭き門です。もちろん、強い意志で研究職を目指すのもいいですが、卒業後の雇用機会のことを重視するならば、薬剤師の資格をとっておくのも一つの方法です。


国家資格の強みで、調剤薬局やドラッグストア、病院、製薬企業、治験企業、公務員薬剤師など就業先の選択肢が大きく広がります。

<関連記事>
薬剤師を目指す方法と資格取得にかかる費用は?


6年制薬剤師の気になる就職状況と今後について


6年制薬剤師、その就職状況は?

あるアンケート調査の結果では、6年制薬学部の卒業第1期生の就職先は、下記のようになっています(カッコ内は4年制時との比較)

40%(10%減)→薬局
30%(10%増)→病院・診療所の薬剤部
6% (微増) →一般販売業
2%      →大学院進学


残りの卒業生の進路としては、ドラッグストアや卸売り販売業、研究機関、大学、保健所、そして就職しなかった方もいます。

4年制時との割合の変化の背景には、4年制から6年制への移行で2年間新卒薬剤師が出なかった影響で、病院や診療所での薬剤師求人が増加した影響が考えられます。


現状では、6年制薬学部の卒業生の多くが薬剤師として勤務していると考えられます。一方、薬剤師試験を受験できない4年制薬学部の卒業生の進路は、大学院進学、製薬会社MR、化学・化粧品・食品研究開発分野などとなっています。

給与待遇の違いは?

薬剤師となった卒業生の、就業時の平均手取り給与額を比較してみると下記のようになっています。

6年制修了→月収25万円、年収350万円
4年制修了→月収20万円、年収300万円

修了過程が長い分給与待遇がアップしたと見ることも可能です。公務員薬剤師の初任給を比べてみると、6年制卒で208,000円、4年制卒で178,200円となっており、ここでは明確な差が見られます。

4年制学部卒でも、製薬会社や治験会社へ就職した場合には給与傾向が異なってくるため一概には言えませんが、薬局や病院の薬剤師となる際には、6年制の方が高待遇の傾向と言えます。

<関連記事>
薬剤師、ほかの業界から薬局へ転職する

転職への影響、今後の見通しは?

調剤経験者の転職においては、今のところ6年制学部卒か否かによる影響は見られません。6年制の運用が始まってからまだそれほど年月が経過しておらず、社会人となるのが2年間遅くなったために経験が比較的浅い薬剤師を、あえて優先して採用するメリットがないためです。

即戦力が求められる転職業界では、社会人経験がある程度長い方が重宝されます。このような状況は、6年制薬剤師がある程度経験を積んでくる近い将来にはまた変化し、より知識が深い人材として積極的に中途採用されるようになるかもしれません。


薬剤師としての資格と経験を活かし、より待遇の良い調剤薬局や製薬会社、公務員薬剤師などへの転職を考えることも可能です。その際には、薬剤師専門の転職サイトを利用しましょう。

医療関係の求人は非公開で扱われることがほとんどですが、転職サイトでは非公開求人を多く扱っています。未経験の分野についても、専任のコンサルタントに色々聞いたり相談出来て安心です。

<6年制薬剤師の就職状況と今後について・まとめ>

  • 2006年の法改正で薬学部は4年制から6年制に
  • 日本の薬剤師教育の遅れを取り戻すのが目的
  • 4年制とは期間、学費、履修内容、目標も異なる
  • 卒業生の約7割は薬剤師として就業
  • 就職時の給与は高めになる傾向
  • 将来的には、学歴が転職時のメリットとなる可能性も

 アルバイト薬剤師に強い求人サイトは?





このページの先頭へ