薬剤師、ほかの業界から薬局へ転職する




薬剤師が働いている職場の中でも代表的なのが調剤薬局や病院内の薬局です。しかし、こういった職場以外で働けないというわけではありません。

もともと医薬品メーカーや医療関係のメーカーで働いていたものの、結婚や出産を機に退職し、復帰先として薬局を選択する方も多いようです。


また、条件の良い職場を探していたところ、薬局にたどり着いたという方もいるでしょう。ただ、他の業界から薬局へ転職する場合、不安に思うこともあるかもしれません。

そこで、薬局へ転職する場合に知っておきたいポイントについてご紹介します。


薬剤師、異業種から薬局へ転職する場合の注意点は?

異業種から薬局に転職する薬剤師は珍しくありません。そのため、現在は薬局以外の職業についているという方も薬局への転職を目指してみましょう。

しかし、その際には注意しておきたいことがいくつかあります。まず、薬局はたくさんの方と接する職場ということもあり、コミュニケーション能力が求められるということ。


薬剤師が働く職場の中にはあまりコミュニケーション能力がなくても問題ないところがありますが、そういった業種で働いていた方は少し働きにくさを感じてしまうことがあるかもしれません。

もちろん、薬局に転職した後にコミュニケーション能力を磨いていくこともできるのですが、はじめは戸惑ってしまう方も多いようなのでこの点は注意しておきましょう。


薬局の中には調剤未経験の薬剤師を募集しているところもたくさんあります。経験者しか就職できないというわけではないので、そのあたりは安心して大丈夫でしょう。

製薬会社から調剤薬局への転職について



製薬会社といえば、多くの薬剤師が憧れている好待遇が期待できる職場です。調剤薬局から製薬会社への転職を検討することはあったとしてもその逆はないのでは?と思っている方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

製薬会社では非常に専門的な知識や技術が求められるため、そのプレッシャーに耐え切れずに転職する方もいるのです。


製薬会社での仕事に大きなストレスを感じ、体調を崩す人もいるほどなのですが、そういった方の中には働きやすい職場を探して調剤薬局を選択する方もいます。

ただ、ここで心配になるのが給料の問題ではないでしょうか。製薬会社は高収入が期待できる職場として知られているものの、調剤薬局は製薬会社ほどの給与は期待できません。


しかし、製薬会社で磨き上げた知識や技術を調剤薬局で活かし、大きなやりがいを感じている方も多いです。

年収は下がったとしてもやりがいの面で満足しているという方もいるので、自分にとってやりがいを感じられるような薬局を探してみましょう。

自分に合った職場探しが重要



転職をする理由として、今の職場に不満を感じている方もいます。

給与が安い、休みが取れないなど様々な不満があるかと思いますが、とにかく高収入が期待できて待遇が良いところに転職したいと考えて安易に転職活動するのはおすすめできません。


薬剤師という資格があれば働ける職業だったとしても、職場や職種によって担当する業務は全く違います。そのため、無事に転職できたとしても仕事について行けず、短期間で退職する方も多いのです。

魅力的な求人情報にすぐに飛びついてしまうのではなく、本当に自分に合っている職場なのかよく考えることが重要になります。

<関連記事>
非公開求人のアルバイト薬剤師を探すには‥

大学病院から調剤薬局への転職

大学病院といえば待遇が良いところが多いものの、業務内容は過酷になりがちです。そのため、出産などを機に大学病院を退職し、時間の都合が付きやすい調剤薬局のバイトを始める方もいます。

調剤薬局はバイトを募集していることも多いため、自分の希望している時間の範囲内で無理なく働けるところを探しているという方にもおすすめです。


子育てが少し落ち着いたタイミングで薬剤師のバイトを始める方も多いのですが、調剤薬局やドラッグストアにはママさん薬剤師も多く在籍しているところがたくさんあります。

そういったところを選択すれば万が一、子供関係の急用が発生した時にも助け合いの精神でサポートしてもらいやすいでしょう。


異業種の転職先にはどんなところがある?



様々な選択肢があります。例えば、研究をするのが好きな方の場合、民間企業の研究者という選択肢もあるでしょう。

薬剤師はどの業種でも人手が不足している傾向にあります。そのため、たとえ異業種からだったとしても転職しやすいといえるでしょう。


ただ、異業種からの転職になると新たに学ばなければならないこともたくさんあるわけなので、慣れるまではある程度の時間がかかるということを理解しておく必要があります。

薬剤師資格を活かしつつも薬剤師とは全く違った職種で働きたいという方もいるかもしれません。


そういった方の中には弁護士への転職を目指す方もいます。弁護士といえばかなり資格取得が難しい仕事として知られていますが、昔に比べると司法試験の合格率は非常に高い状態にあるのです。

それに加え、薬局や医療機関を対象とした訴訟が増加しているため、薬剤師のようにこういったことに深い知識を持った弁護士の需要が高まっているといえるでしょう。


もちろん、弁護士の資格を取得するのは簡単なことではありませんが、薬剤や医療の資格を活かしながら働ける薬剤師以外の職業を検討しているということであればチェックしてみてくださいね。

<関連記事>
治験コーディネーターに看護師や薬剤師がなるには

製薬会社から病院への転職もできる?

ごく稀にではありますが、病院での勤務が未経験だったとしても採用してくれるところはあります。しかし、結論からいってしまうと未経験の状態で病院に転職するのは非常に難しいことだといえるでしょう。

病院への転職を希望していたものの、なかなかそれが実現できなくて調剤薬局に落ち着いたという方も多いです。

製薬会社から病院に転職することができても一から覚えなくてはならないことがたくさんあります。この場合、研修制度が整っているところを選択すれば不安を抑えて新たな仕事をスタートできるでしょう。

まとめ

  • 薬局に転職する場合はコミュニケーション能力が重視される
  • 製薬会社のプレッシャーに耐えかねて薬局に転職する人もいる
  • 本当に自分に合っている職場か考えて転職しよう
  • 民間企業の研究者や弁護士になる人もいる

 アルバイト薬剤師に強い求人サイトは?




このページの先頭へ