アルバイト薬剤師をしたいけどブランクが気になる‥




薬剤師の資格を取得したけれど職場から離れてしまった方もいますよね。特に女性の場合、結婚や出産、子育てなどで職場を離れることも多いです。

そういった方の中には職場復帰を検討しているもののブランクが気になる方もいるはず。


しかし、薬剤師の資格を取得しているだけで専門的な知識を持っていることが証明できるため、ブランクがあったとしても再度薬剤師として働き始めることは難しくありません。

薬剤師の場合は正社員だけでなくパートやアルバイトでも求人情報が多数出ているので、ブランクを不安に思っている方ももう一度薬剤師として働き始めてみましょう。


バイト薬剤師として復帰したいけどブランクが不安・・・

長年のブランクがあり、そこから薬剤師として復帰した方は珍しくありません。ただ、初めから正社員として長時間働くとなると様々な不安がありますよね。

そういった方におすすめしたいのがバイトという働き方です。バイトならば短時間勤務も可能となっているため、無理なく薬剤師としての勘を取り戻しながら仕事をこなしていけるでしょう。


また、医療の分野は常に新しい技術や知識が求められているため、自分が薬剤師の仕事を離れてる間に開発された新薬についての知識が全くなく、不安に思っている方もいるはず。バイトとして働きながらそういった知識を身につけていけば自信にもつながります。

ですが、バイト情報を探す際にブランクがあると不利なるのも事実です。自分で一生懸命勉強をして新薬や医療の最新情報について学び、知識や経験を十分に得ていたとしても薬剤師の資格だけではそれをうまくアピールできませんよね。


そこで、活用したいのが研修制度です。例えば、公益財団法人の日本薬剤師研修センターが運営している研修認定薬剤師制度というものがあります。


ブランクが気になる方におすすめの研修制度



研修認定薬剤師制度とは、その制度で認定された方は薬剤師として即戦力が期待できるということを証明するものです。

ブランクのある方が研修を受け、薬剤師として問題なく働いていけると判断された場合には認定を受けられます。


公的な機関が行っている正式な証明となるため、研修認定薬剤師制度を受けている人は求人側も積極的に採用してくれるのです。

認定を受けることができれば日本薬剤師研修センターのホームページで公表されます。

日本薬剤師研修を受けるには?

研修は実習研修と自宅研修の2種類があります。実習研修では研修会が行われ、各都道府県で開催されているためチェックしてみましょう。なお、各研修ごとに受講料がかかるので注意が必要です。

自宅学習では薬剤師研修支援システムを活用してパソコンを使った動画による研修やビデオ集合研修といったものを行います。

あとはレポートを作成して審査機関に提出し、その内容が認められれば単位が取得できるため、必要な単位を取得して申請後に認定証がもらえる形です。

バイト先独自の研修制度もチェック



日本薬剤師研修センターが行っている研修制度についてご紹介しましたが、これ以外にも各職場で独自に行っている研修制度もあります。

ブランクがあって不安に感じているもけれど今すぐに働き始めたいという方はゆっくり日本薬剤師研修センターの研修を受けている時間が取れないでしょう。


お金もかかるので、できるだけお金をかけずに薬剤師としてのブランクを埋めたいと思っているのであれば研修制度が整っている薬局や病院の求人をチェックして申し込むのがおすすめです。

研修制度が整っているバイト先は新人のサポートに力を入れているところでもあるため、多少ブランクがある方でも安心して働き始めることができるでしょう。


ブランクの不安を抱えたままで働き始めたとしてもなかなかうまくいきません。

もちろん自分で勉強をして知識を磨くことは重要ではありますが、自分1人では集めきれない情報などもあるため、研修制度に力を入れているところを選択し、職場のサポートを受けながら薬剤師として勘を取り戻したり、腕を磨いていきたいですね。

早めの復帰がポイント

薬剤師の仕事から離れていた期間が長くなればなるほど復帰しにくくなります。しかし、薬剤師を辞めてから2年以内であれば特にブランクを気にすることなくスムーズに仕事が見つかるケースも珍しくありません。

仕事から離れている期間が長いと薬剤師としての勘を取り戻すのも難しくなるため、できるだけ早めの薬剤師復帰を検討してみましょう。

医療制度は2年に1回改定されているため、改定前の段階で薬剤師に復帰できれば新たに覚えなければならないことも少なく、仕事もしやすいと感じるはずです。

<関連記事>
小さな子供がいる薬剤師が働ける職場


ブランクが不安な方のための求人選びのポイント



ブランクに不安を抱えている方は求人情報をチェックする際に働きやすさを重視して考えてみましょう。

給料の良さや通いやすさなど気になるポイントはいろいろあると思いますが、条件の良い職場は忙しいところも多いため、ブランクを抱えたままだとついていけなくなる可能性があります。

次のようなポイントに注意しながら働きやすい職場を探してみてくださいね。

人間関係が良好

薬剤師に限った事ではありませんが、今の職場が自分に合わないと感じる方の中には人間関係に問題があって続けられなかった方もいます。人間関係が良くない職場だとわからないことがあったとしても質問しにくいでしょう。

丁寧に新人をサポートしてくれる優しい人がたくさんいる職場だと安心して働くことができますよね。また、薬剤師の職場を離れていた理由が出産や子育てにある場合は特に人間関係にこだわった求人情報探しをしましょう。

子どもの病気や学校行事などでたびたび休みを取ることもあるかもしれませんが、人間関係の雰囲気が悪く周りのサポートを受けられないような職場だと休みも取りにくいです。

求人サイトを利用する

自分だけでブランクのある薬剤師に向いている職場を探すのは簡単なことではありません。そこで、求人エージェントの力を借りましょう。

エージェントに相談をすれば自分にとって最適な職場も見つかりやすくなります。求人情報を比較しているけれどブランクのある人に向いているバイト先がわからない方も相談してみてくださいね。

<関連記事>
アルバイト薬剤師の効率の良い探し方

まとめ

  • 薬剤師のブランクからの復帰は難しくない
  • ブランクに不安がある人はバイトから始めるのがおすすめ
  • 研修制度が用意している職場だと安心して復帰できる
  • 早めの復帰を心がけることが大切

 アルバイト薬剤師に強い求人サイトは?





このページの先頭へ