治験コーディネーターの気になる年収




これから治験コーディネーターを目指そうと思っている方にとって年収は非常に気になる問題ですよね。治験コーディネーターはどれくらいの年収を受け取ることができるのでしょうか。

もちろん、経験やどこで働くのかによっても変わってきますが、治験コーディネーターの年収情報についてご紹介します。


治験コーディネーターの年収はどのくらい?

治験コーディネーターに限ったことではなく、医療関係の仕事といえば専門的な知識や経験、資格が必要になるものが多いことから何となく年収が高いイメージを持っている方もいるでしょう。

ですが、実は治験コーディネーターになるために必須の資格はありません。医療系の資格がなくてもできる仕事ということです。


ただ、採用の際にはそれまでのキャリアや資格を考慮して年収が決定する形になるので、医療系の資格を持っているとそれだけ年収アップも期待できます。

気になる平均年収はどれくらいなのかというと、20代で転職を行った場合、350万円前後が一つの目安となるでしょう。30代だと390万円前後です。


また、過去に治験の経験を行ったことがある方はそれを考慮されて年収が高くなるケースも珍しくありません。経験が豊富であれば20代のうちから年収500万円台を目指すことも不可能ではないでしょう。

働き始めた頃の年収がそれほど高くなかったとしても、努力が認められ、1,000万円近い年収を得ている方もいます。

<関連記事>
アルバイト薬剤師の時給が高い理由

未経験の場合の年収は?



経験のない方が治験コーディネーターの仕事に転職した場合は300~400万円の年収からスタートするのが一般的だといえます。

ただ、地域によっては未経験者だったとしてもそれ以上の年収が期待できるところもあるので、あくまでも目安としてみてくださいね。

経験者の場合は初めから400万円以上の年収が提示されることも珍しくありません。また、管理職の経験がある方は治験コーディネーターの職場でも評価されるため、こちらも年収アップが期待できるでしょう。

ベテランになるほど年収はアップする

採用された当初の年収がずっと固定されるわけではありません。

ベテランになるにつれて徐々に年収アップも期待できるでしょう。その際には実際にその会社でどのような働きをしているのかによって昇給具合が大きく異なります。


入社時の年収は高かったものの、思うように活躍できず伸び悩んでいる方もいますし、未経験から始めたものの重要な立場を任され大幅に年収が伸びる方もいるのです。

求人情報を探す際にはつい採用時の年収にばかり注目してしまいがちですが、努力をしっかり評価してくれる会社かどうかということもチェックしておきましょう。


治験コーディネーターが年収アップするには?



治験コーディネーターの転職先を探す際にできるだけ年収が高いところを見つけたい、高い年収を設定してもらえるように面接でアピールしたいということであれば、次のようなポイントに注目してみましょう。

経験があるか?

過去に治験を行った経験があれば年収に反映される可能性が高いです。治験の経験がなかったとしても看護師などの臨床経験がある場合はそちらを面接でしっかりアピールしておきましょう。

こういった経験は年収アップが期待できるだけでなく、転職する際の採用率アップにもつながります。

勤務年数がどれくらいか?

治験コーディネーターの仕事に限ったことではありませんが、勤続年数が長くなればなるほど年収はアップしていくのが一般的です。

入社時に期待していたほどの年収がもらえなかったとしても勤続年数を伸ばし、年初アップを目指しましょう。


一般的に勤続年数が5年以上になると390万円以上の年収が得られるようになります。ただ、具体的にどれくらいの昇給が期待できるかというのは職場によっても大きく異なるので更に早い段階で勤続年数が評価される職場もあるでしょう。

所持している資格について

治験コーディネーターになるために取得しなければならない資格はありません。しかし、看護師資格や薬剤師資格を持っていると採用において有利になったり、求人によってはこういった資格を持っていることが最低条件にもなっています。

その場合、医療系の資格を持っているからといって必ずしも年収アップに繋がるわけではありません。

しかし、治験に関する認定試験に合格し、治験関係の資格を所持できれば昇格や昇給に繋がることもあるため、自分が働いている職場で昇給に繋がる資格があれば取得を検討してみましょう。

勤務地による違い

一般的な他の職種と同じように、治験コーディネーターも都市部で働いている方のほうが高い年収が期待できます。

地方で働いた場合の年収は400万円前後と言われることが多いのですが、都市部で働ければ600万円以上の年収も得られるので、今の地域ではこれ以上収入アップが期待できないと思っているのであれば、思い切って都市部に転職するのも一つの選択肢です。

特に甲信越・北陸、中国・四国といった地域は治験コーディネーターの年収が低くなりがちなので、今の収入に満足できていない方は引っ越しについても検討してみると良いかもしれません。

<関連記事>
海外の薬剤師事情について


実力が付けばつくほど年収が高くなる



1,000万円近くの年収を得ている治験コーディネーターの特徴として挙げられるのが、規模の大きなプロジェクトをマネジメントできる実力を持っているということ。もちろん、そのためには様々な経験や能力を身に付けなければなりません。

働き始めてすぐに1,000万円の年収を目指すことは不可能ですが、一つ一つ経験を積んで実力を重ねていけば高収入を目指すことが可能です。


経験がなくて働き始めたばかりの頃は年収が低かったものの、努力を重ねてもともと年収が高かった同期の年収を上回ることができたという方もいます。

努力をしっかりと認めてくれる会社に転職できればやりがいもありますよね。どの企業が努力を評価してくれるのか転職支援サイトに相談しながら決めるのがおすすめです。

まとめ

  • それまでのキャリアや資格を考慮して年収が決定するので個人差がある
  • 薬剤師資格を持っていると年収アップも期待できる
  • 年収は20代で350万円、30台で390万円前後が目安
  • 自分が働いている職場で昇給に繋がる資格をチェックして取得するのもおすすめ

 アルバイト薬剤師に強い求人サイトは?




このページの先頭へ