治験コーディネーターになるための志望動機




人気の高い求人ほど競争率は高くなります。治験コーディネーターはただでさえ最近注目されている職業なので、その中で条件の良いところは応募が殺到するでしょう。

そこで治験コーディネーターの面接を受ける際に成功する大きなポイントともいえるのが志望動機に関することです。志望動機によっては相手先の会社に好印象を与えることもできますし、失敗すれば全く心に刺さらないという事態にもなりかねません。


ここで、治験コーディネーターの面接に受かるために考えておきたい志望動機のポイントについてご紹介しましょう。


治験コーディネーターになる!志望動機のポイントは?

治験コーディネーターに転職を検討している方の本音の志望動機はどのようになっているのでしょうか。

薬剤師から治験コーディネーターになる方の場合、毎日同じ仕事を行う薬局での仕事にやりがいが感じられず、薬剤師としての知識を活かしながら働ける職場を探して治験コーディネーターを選択する方も多いです。


また、看護師として働いていた方の場合は病院よりも働きやすいというのが大きな志望動機となっています。

病院で薬剤師として働いたことがある方ならばわかるかもしれませんが、病院で働く場合にはバタバタ忙しく走り回らなければならないこともありますよね。


治験コーディネーターは落ち着いて仕事ができるので、ここに魅力を感じて転職する方もたくさんいます。

後ろ向きな理由としては職場に合わない人がいた、福利厚生が整っていなかったなどの理由も挙げられますが、前向きな理由を伝えた方が面接を行う側としても採用したいという気持ちになるものです。


どのような理由があって転職するとしても志望動機はできるだけ好感を持ってもらえるようなものを考えておくことがポイントになるでしょう。

<関連記事>
治験コーディネーターの求人を探すには


面接で好印象を受ける志望動機例



では具体的に、どのような志望動機を伝えると面接で有利になるのでしょうか。

最初から面接が行われるところだと口頭で熱意を伝えることができますが、事前に書類選考が行われるところは文章で熱意を伝えなければなりません。

治験コーディネーターの志望動機を考える際には大きなポイントがいくつかあります。


まず、なぜ治験の業界で働きたいのか考えるということ。他の職種や業種から治験コーディネーターを選択する方の場合、なぜ治験の業界に興味を持ったのかについても聞かれることが多いです。

そもそも治験コーディネーターといえば新薬の開発に関わる仕事でもあるので、ほとんどの方の理由は「新薬に関する仕事ができるから」になるでしょう。


言い換えてみると、これだけの理由だとアピールポイントとしては弱いです。より好印象を与えるためには、なぜ新薬に興味を持っているのかということまで伝えたいですね。

例えば、自分や家族が実際に過去に新薬によって救われた経験を持っている、学生時代に論文を作るために新薬について調べたところ、とても素晴らしいものということがわかったなど。


病院で働いていた経験があるのであれば、「担当した患者さんが病で苦しむ姿を目の当たりにし、そういった方を助けるために必要な新薬開発の分野で働きたいと思った」といった理由もあるでしょう。

この部分をしっかり考えることは治験コーディネーターとしてのやる気をアピールすることにもなります。

どのような治験コーディネーターを目指したいのか

面接で面接官は「この人を採用したらうちでどのように活躍してくれるのか?」ということを見極めています。

志望動機を考える際にはとにかく治験コーディネーターになりたいという意欲を伝えるだけではなく、採用してもらえた暁にはどのような活躍をしたいと思っているのかということを伝えましょう。


ここでは自分の持っている能力をアピールしながら志望動機を伝えるのがポイントです。

例えば、「病院で働いていた際に身に付けたコミュニケーション能力を活かし、たくさんの人と協力しながら治験コーディネーターとして活躍したい」など。他にも、英語力に自信がある方はそういったポイントもアピールしてみましょう。

なぜそこで働きたいのか

治験コーディネーターとして働けるならばどこでも良いと思われてしまうと採用率は落ちます。まずはその会社のホームページなどを確認し、何に力を入れている会社なのかを理解しましょう。

例えば、次のような志望動機が挙げられます。「治験コーディネーターの仕事は未経験ではありますが、貴社は資格取得をサポートする研修体制があるとのことでしたので学べる環境が整っていると感じました。」


「貴社では国際共同治験に力を入れているとのことで、学生時代に身に付けた英語力を活かしながらお手伝いができればと思っています。」など。

「他の会社でも良いのでは?」と質問をされた際にこの会社でなければいけない理由、この会社だからこそできることを志望動機に入れましょう。

<関連記事>
治験コーディネーターへの転職で採用されやすくなるポイント


志望動機でお悩みの方は・・・



自分の志望動機について考えたものの、企業に好印象を与えられるかどうかわからない…という方もいるでしょう。

それが正解か否かというのは実際に面接を受けてみなければわからないわけですが、志望動機で失敗すると面接に落ちてしまう可能性が高くなります。


できることならば事前に自分の志望動機は企業に評価してもらえるか確認してもらいましょう。その際におすすめなのが転職サイトを利用するということです。

治験コーディネーターの転職情報を扱っているところの中には、履歴書の添削を行ってくれるところもあります。


たくさんの転職をサポートしているプロの方に見てもらえるわけなので、自分の作った履歴書が問題ないかどうかということだけでなく、どのように修正すれば更に好印象を与えられるかということまで細かくアドバイスが受けられるでしょう。

自分では考えつかなかった魅力的な志望動機についてもアドバイスしてもらえるかもしれません。


他にも面接に同行してくれたり、相手先と条件の交渉を行ってくるなど細かなサポートもしてくれるので自分にとってより理想的な形で就職が目指せます。

まとめ

  • 前向きな転職理由を伝えることがポイント
  • なぜ治験の業界で働きたいのかからしっかり考える
  • なぜそこで働きたいのか聞かれることも多い
  • 転職サイトで履歴書や志望動機が適切かチェックしてもらえる

 アルバイト薬剤師に強い求人サイトは?




このページの先頭へ