治験コーディネーターへの転職で採用されやすくなるポイント




治験コーディネーター(CRC)として働き始めるためには面接に合格しなければならないわけですが、転職活動に不安を感じている方もいることでしょう。そこで、転職で採用されやすくなるポイントについてご紹介します。

これから治験コーディネーターとして働きたいと思っている方はぜひ参考にしてみてください。


治験コーディネーターへの転職で有利な人

臨床経験があると面接で有利に働くことがあります。実際に治験の現場で働くことになるとわかりますが、実にたくさんの人と接することになるでしょう。

医師や看護師だけでなく、医療関係者や製薬企業の方なども多数関わってくるので、そういったときにも臨床経験があるとコミュニケーションが取りやすく、仕事もスムーズに進められます。


治験コーディネーターは必ずしも何か特別な資格がなければならないわけではありません。しかし、専門的な知識を持って仕事に当たらなければならないため、看護師や薬剤師などの資格を持っていると有利です。

実際に治験コーディネーターとして働いている方の前職は半数ほどが看護師なのですが、薬剤師は薬に関する専門的な知識を持っているため看護師と同じく転職において有利になるでしょう。


資格が必須ではないといっても治験コーディネーターの募集情報をチェックしてみると資格所持者に限定されていることも多いので、未経験で医療系の資格もない状態で採用してもらうのはなかなか難しいことだといえます。

未経験者の採用に力を入れているところもあるので、これまで治験コーディネートとして働いた経験がない方でも働ける職場を探すのは難しい事ではありません。


治験コーディネーターへの転職で採用されやすくなるポイントは?



治験コーディネーターの転職を成功させるためにはしっかり時間を取って対策をとることが重要です。回答などを全く考えずに面接に挑むと魅力的な返事はできませんよね。

まずは自分の志望動機や、治験コーディネーターとして採用されたあとどのように働いていきたいのかということを紙に書き出しましょう。これにより自分の中でも考えがまとまります。


それから、求人情報をたくさん集め、多くの面接を受けることも大切です。その職場が何を求めているかというのは職場によって大きく違うわけなので、一つの面接に落ちてしまったからといって諦めず、次の求人に応募してみましょう。

ただ、面接に落ちてしまった場合は何に問題があったのか、次はどこを改善して面接に挑めば良いのか自分で見直してみることも重要です。


働きながら転職活動を行う場合はなかなかたくさんの求人情報を探すのが難しくなりますよね。転職支援サイトの力を借りるなどして、自分に向いている職場探しをしてみてくださいね。

<関連記事>
非公開求人のアルバイト薬剤師を探すには‥


採用されやすい面接のポイント



面接で好印象を与えられるか、自分をしっかりアピールできるかというのは採用されるか否かの大きなポイントにやってきます。当然の事ではありますが、服装にも気を付けましょう。

服装に注意が必要

特に重視したいのが清潔感です。治験コーディネーターの仕事ではたくさんの方と触れ合うことになるわけですが、清潔感のない人だと相手を不快にさせてしまうこともあるため、清潔感があるかどうかというのは非常に重視されます。

シワだらけのワイシャツを着ていたり、ボサボサの髪の状態で面接に行くと落ちてしまう可能性が高くなるでしょう。

治験コーディネーターの志望理由は?

志望理由の回答を重視しているところも多いです。例えば、本当の理由は前の職場があまりにもひどかった、給料の条件が良いということだったとしても、このような志望動機だけでは好印象を与えることできません。

これまで仕事で磨いてきたコミュニケーション能力が活かせそうだと思った、というように前向きな理由について考えてみましょう。


大切なのは「自分を採用してくれればこのような活躍ができる」というのを伝えることです。

前職でどのような経験を積んできたのか、具体的にどのような仕事に対してやる気や魅力を感じているのかなどを魅力的に伝えましょう。

前の職場を辞めた理由



他の職場から転職するために面接を受ける場合、なぜ前の職場を辞めたのかということも高確率で聞かれます。このときにネガティブな話をすると印象が悪くなるので注意しましょう。

特に避けておきたいのが「人間関係にトラブルがあって…」と伝えること。というのも人間関係が良好な職場かどうかというのは実際に働き始めてみなければわかりませんよね。


人間関係に問題があって前の職場を辞めたということになると、採用したとしてもこの職場で人間関係が良くなければすぐに辞められてしまうのでは…と面接官も不安になってしまいます。

スキルアップのため、治験コーディネーターの仕事内容を知って前の職場よりもやりがいを感じたためなど、前向きな理由にするのがおすすめです。

<関連記事>
今注目されているのは認定・専門薬剤師!?

自分の短所を聞かれたら?

面接で「自分の短所について教えてください」といった質問がされることがあります。

誰にでも短所はありますね。ここで「短所はありません」と答えてしまうと自分のことが客観的に見えていない人だと思われてしまうかもしれません。

しかし、短所として治験コーディネーターとして働く上で絶対になくてはならない能力が欠けていると思われると面接に落ちてしまうリスクもあります。


例えば、治験コーディネーターの仕事をする上で欠かせないのがコミュニケーション能力なのですが、短所を聞かれた時に「人と話をするのが苦手でコミュニケーション能力に自信がない」というように伝えてしまうとそれだけで落ちる可能性が高まるともいえるでしょう。

コミュニケーション能力に自信がないとしてもそれを短所として伝えるのはおすすめできません。短所を聞かれたら長所と結びつけて答えるのがおすすめです。


例えば、長所として「一つの事にコツコツ取り組むのが得意で集中力がある」と答えた場合、短所では「熱中しすぎて頑張りすぎてしまうことがある」と答えるのも良いでしょう。

また、短所を答える際にはその短所を改善するためにどのような努力をしているのかということまで伝えられると印象が良くなります。

まとめ

  • 治験コーディネーターに必須の資格はないが薬剤師資格があると有利
  • たくさんの面接を受けるのがおすすめ、一社落ちても諦めない
  • 清潔感も重視される仕事なので服装に注意が必要
  • 志望理由もしっかり考えると面接で好印象を与えられる
  • コミュニケーション能力は欠かせない

 アルバイト薬剤師に強い求人サイトは?




このページの先頭へ