アルバイト薬剤師は掛け持ちができる?




最近では薬剤師に限らずWワークという働き方が注目されています。Wワークとは副業や掛け持ちという意味で、正社員やアルバイトが二つ以上の仕事を持つという意味です。

ここでは薬剤師の副業は可能なのか、アルバイト薬剤師であれば掛け持ちが可能なのか等の情報をまとめています。


薬剤師は副業しても良いの?



よく「国家資格を持つ薬剤師は副業をしてはいけない」という話を耳にします。これは薬剤師の副業は禁止されているという意味ですが、現実問題として薬剤師は副業をしてはいけないのでしょうか?

結論からいうと、薬剤師の副業は原則として禁止されていません。薬剤師であっても副業は可能で、実際に副業を持って働いている薬剤師は多数存在しています。では、すべての薬剤師に副業が許されているかというと必ずしもそうとは限りません。

次に副業が禁止されている薬剤師について説明していきます。

管理薬剤師の副業は禁止

管理薬剤師は調剤薬局やドラッグストアなどで、一般の薬剤師の監督や医薬品の管理の責任者となる薬剤師です。薬事法という法律では、店舗では必ず1名の管理薬剤師を常駐させることと定めています。

管理薬剤師は従業員を監督する立場であると同時に、局内や店舗内の医薬品を管理し、お客様の相談に応じたり苦情に対応する役割も担っている責任ある存在です。

つまり管理薬剤師は自分が勤務している調剤薬局やドラッグストアなどの薬局の管理業務を行なう者で、他の場所で薬事に関する実務を兼務してはならないとなるわけです。このような理由から、薬事法では原則として管理薬剤師の副業を禁止しています。


ただし、管理薬剤師でも副業を行なえるというケースもあります。それが(1)都道府県知事の許可を受けた場合、(2)薬剤師会で決められた特定事業の場合、(3)薬事に関係のない仕事の場合です。

たとえば都道府県知事の許可を受けて非常勤で学校薬剤師の仕事を引受けたり、公益法人が運営する診療所で不定期に夜間勤務をするといったケースです。上記の(1)から(3)に該当する場合は事前に必要な許可を受けていれば副業も可能になるでしょう。

公務員薬剤師の副業も禁止



国家公務員や地方公務員といった公務員薬剤師の副業は禁止されています。薬剤師に限らず、公務員はすべて国家公務員法や地方公務員法という法律により、原則として副業が禁止されているからです。

薬剤師で公務員職の仕事としては、公立(都道府県立・市町村立)病院の職員、保健所の職員、衛生研究所の所員、消費生活センターの職員、都道府県庁関係課の職員などが挙げられます。これらの公務員職にある薬剤師は副業を持つことはできません。

一般薬剤師はケースバイケース

管理薬剤師ではない一般の薬剤師の副業はどうなのでしょうか?

管理薬剤師以外の薬剤師の副業については、ケースバイケース(個々の事情による)とされています。一般の薬剤師の副業は薬事法で禁止されていないため、原則としては副業をしても構わないと解釈できるでしょう。


では、一般の薬剤師は自由に副業ができるのかというと、必ずしもそうとはいえない部分もあります。それが企業(会社)で定められている「就業規則」の問題です。就業規則とは民間の企業などが従業員の労働条件や服務規律などを定めた規則のことを指します。

労働基準法という法律では、常時10人以上の従業員を雇用している事業所では就業規則を作成すると定めています。この就業規則に「従業員の副業を禁ずる(兼業禁止)」という項目があると、一般の薬剤師でも副業はむずかしくなるでしょう。


就業規則は各企業などが独自の判断で作成しているもので、その定めには法律的な効力がないという考え方もあります。実際に従業員の副業に関する裁判では、兼業を禁止するという項目は合理性がないという判断が下された例もありました。

しかし、薬剤師であっても企業に勤務する従業員であるという立場からすると、就業規則に違反して副業を行なうと問題視される可能性があるのも事実です。

副業をすることによって本業に支障を来たしたり、上司や先輩社員にバレて解雇されるといったリスクがあることは知っておくべきです。かりに解雇などの処置までは受けなくとも、職場で働きにくくなって結果的に退職することになるというような事態も起こり得るかもしれません。


アルバイト薬剤師であれば掛け持ちできる?



管理薬剤師や一般の薬剤師の副業は避けたほうがいいというのが結論です。これがアルバイト薬剤師となると事情は違ってくるのでしょうか?

法律的に見ると一般の薬剤師の副業は違反ではないので、アルバイト薬剤師の掛け持ちは可能のように感じられます。以下に、アルバイト薬剤師の掛け持ちは可能か否かを詳しく見ていきましょう。

基本的には掛け持ちが可能

アルバイト薬剤師が仕事を掛け持ちしても、薬事法などの法律に触れることはありません。薬事法が禁じているのは管理薬剤師の兼務(副業との掛け持ち)だけで、一般の薬剤師やアルバイト薬剤師には該当しないからです。そのため、アルバイト薬剤師であれば2カ所以上の勤務先を掛け持ちするのも可能ということになります。

就業規則で禁止されていたら?

上記の「一般の薬剤師の副業はケースバイケース」でも説明しましたが、企業(会社)には就業規則という従業員に関する規則があります。

これはオフィスワークだけでなく調剤薬局やドラッグストアなどでも同様で、就業規則が設けられていれば基本的にはその内容に従わなければなりません。かりに勤務先の就業規則で「副業は禁止」とされていれば、最悪の場合、解雇などのリスクが発生する可能性があるのです。


一見すると「就業規則は正社員だけに当てはまるもので、アルバイトには関係ないのでは?」と考えがちです。ところが、就業規則内にアルバイトやパートに関する項目が設けられていれば、当然のことながらアルバイト薬剤師にも規則が当てはまってくることになります。

こうなると「正社員ではないから就業規則は関係ない」とは言っていられません。勤務先の就業規則に違反して解雇などの処置を受けた場合、それを撤回してもらうためには裁判などが必要になることもあるので注意しましょう。

アルバイト薬剤師が副業するためには?

アルバイト薬剤師で、何らかの事情で副業をしたいという場合はどのようにすればいいのでしょうか?副業を行なうためには、(1)勤務先の許可を得て掛け持ちをする、(2)解雇リスクがあっても内緒で掛け持ちするという方法があります。

2つの方法のうち、(1)の許可を得たうえで副業を行なうという方法ならリスクも少なく、比較的安心して仕事をすることができます。ただし、アルバイトといえども薬剤師は薬を扱う重要な仕事ですので、無理な副業を行なうことによって疲労が溜まってミスをしてしまうというようでは問題になります。


また、一般的には薬事に関する仕事を2つ以上掛け持ちするのは好ましくないとされているので、薬剤師以外の仕事と掛け持ちするのがベターでしょう。

(2)の勤務先には内緒で副業をするという方法は解雇リスクがあるだけでなく、職業上の重大なミスを犯したとき責任を問われる事態にまで発展しかねないので注意が必要です。薬剤という人間の生命や健康に関わる物品を扱う仕事である以上、無用のリスクを犯すのは避けたいところです。


アルバイト薬剤師が仕事を掛け持ちしたいという場合、その目的は「もっとお金を稼ぎたい」「貯金を増やしたい」「お金が必要な事情がある」といった理由があるようです。

昼間はアルバイト薬剤師として働き、夜間や休日に別の仕事を掛け持ちしてお金を稼ぎたいという理由であれば、ひとつの職場でもっとお金を稼げる収入の良いアルバイト薬剤師の仕事を探すほうが効率的かもしれません。薬剤師専門の転職サイトに登録すると、高時給や良い条件の求人先を見つけることができます。


薬剤師におすすめの副業バイトは?



薬剤師で副業バイトをしたい人におすすめのアルバイトには、どのようなものがあるかをまとめてみました。

1.ドラッグストア

最近ではドラッグストア内に薬局を設けて薬剤師を置くところが増えています。こうした店舗の多くは夜間営業を含めたシフト制を敷いており、本業の合間にアルバイトをするのに適しています。本業の勤務時間に合わせて、営業時間後や休日に副業バイトをすることができます。

2.医療関連の翻訳

英語やドイツ語の知識があるなら、医学書や薬事申請、海外論文、特許関連、海外の薬事関連ニュースなどの翻訳をするアルバイトが適しています。特に薬事申請と特許関連の仕事は高収入で求人需要も高い傾向がありオススメの副業バイトです。

3.Wワーク可の調剤薬局

一般的な調剤薬局で「Wワークも可」という勤務先です。求人条件がWワーク(副業)も可能ということですので、心配なく仕事の掛け持ちができます。仕事内容も慣れた業務ばかりで安心して働けるでしょう。

4.介護老人保健施設

施設の入居者のための定期処方に対応する仕事です。主な業務内容は調剤、監査、薬剤の発注などで、副業やパート可、フレックス勤務といった求人があります(フレックスとは出社や退社時間を自分で自由に決められるワークスタイルのこと)。

同じ老健施設で、入居者の持参薬の確認や服薬指導などを行なう仕事もあります。

5.高齢者施設

施設の入居者のための調剤業務の仕事です。業務内容は調剤のみで服薬指導は看護師が行なうというケースが多く、処方箋受付と調剤のみの仕事を担当します。Wワーク可で自分のペースで仕事をすることができます。

6.夜間などの単発の仕事

ドラッグストアや調剤薬局の仕事で、正職員やアルバイトが急に休むようなときに単発で働く方法です。特に夜間の単発のアルバイトを探すのはむずかしいため、不定期ながら求人需要は高くなる傾向があります。

薬剤師で副業バイトを探したい場合は、転職サイトを利用すると希望の条件に合った求人先を見つけることができます。特に薬剤師求人を専門としたサイトなら、求人数が豊富で選択肢が広くなります。

副業バイトは選択肢が豊富なほうが探しやすいので、便利な転職サイトの活用がオススメです。

<アルバイト薬剤師の掛け持ちのまとめ>

  • 薬剤師の副業は原則として禁止されている
  • 特に管理薬剤師は薬事法で副業が禁止される
  • 一般薬剤師の副業バイトはケースバイケース
  • 基本的には掛け持ち可能だが解雇リスクも
  • バイト薬剤師の掛け持ちは可能な場合が多い
  • おすすめの副業バイトはWワーク可の求人先へ

 アルバイト薬剤師に強い求人サイトは?





このページの先頭へ