アルバイト薬剤師(管理薬剤師)




管理薬剤師は医薬品を取扱う薬局や店舗で責任者として働く薬剤師です。薬剤師免許があれば誰でも管理薬剤師になれますが、アルバイトでも管理薬剤師になれるのかは気になるところです。

ここではアルバイトでも管理薬剤師として働けるのか、管理薬剤師のアルバイト求人を探す方法などについて詳しくまとめています。


管理薬剤師とは



管理薬剤師とは薬事法に基づき、薬局やドラッグストア、製薬メーカー等で管理監督をする薬剤師のことです。いわば職場の責任者または管理者で、取扱う医薬品の管理や従業員の管理などを総合的に行ないます。

法的な責任を負う仕事ですが、薬剤師の資格があれば職に就くことができます。薬事法では薬局・店舗・製造業の拠点に必ず管理薬剤師を常駐させると義務付けています。もし管理薬剤師がいない場合、第一級医薬品の販売はできないというのが法律で定められていることです。

なお、管理薬剤師は兼任を禁じられているため専任で働かなければなりません。


主な仕事内容は?



管理薬剤師の仕事は勤務先によって多少の違いがあります。その主な仕事内容は以下のとおりです。

(1) 店舗での薬剤師・従業員の監督

薬剤師や従業員が適切に業務を行なっているかとどうかを監督します。例えば法令を遵守しているか、適切な接客をしているか、必要な情報を提供しているか等の監督をする責任があります。また、薬学に関する知識が必要な場合、従業員に代わって対応やアドバイスを行ないます。

(2) 店舗の医薬品・物品の管理

調剤薬局やドラッグストアなどの店舗内の医薬品や医薬部外品、化粧品などの管理を行ないます。これらの品の適正な管理は管理薬剤師の責任です。

・医薬品が医薬部外品や化粧品等と区別して陳列や保管されているか
・不良品、有効期限切れや表示不備品などの不正表示品がないか
・医薬品が適切に遮光されているか、適正な温度で保管されているか

(3) 医薬品等の適正使用のための情報提供

医薬品を販売する際、お客様(購入者)の適正使用のために以下のような情報を提供します。

・お客様の顔色などから医薬品が適しているかを判断し適切な情報提供をする
・一般用の医薬品に適していないと判断した場合は医療機関への受診を勧める
・医薬品を適正に使用できるように、お客様に服薬指導等をする
・お客様からの医薬品の副作用の相談や苦情を受付けて対応する

(4) 医薬品等に関する情報の収集と報告

医薬品の購入者から副作用情報を収集し、厚生労働省に報告するという仕事です。

・常に必要な情報を入手し提供できる体制を整える
・医薬品の有効性や安全性の情報を収集する
・医薬品等の副作用情報を厚生労働省に報告する


以上が主に薬局やドラッグストアなどで管理薬剤師が行なう主な仕事内容です。


次いで、製薬メーカー等の管理薬剤師が行なう仕事内容について紹介します。

(1) 製薬メーカーのオフィスでの仕事

自社で製造した薬剤の在庫管理や情報管理業務を行ないます。情報管理とは医薬品の成分や用法・用量などの情報を収集分析して自社の社員に提供する業務です。自社医薬品に関する論文を収集したり、行政機関に提出する書類の作成や保管などを担当する場合もあります。

病院やクリニックの医師や看護師からの医薬品に関する問合わせへの対応を行なうのも管理薬剤師の仕事のひとつです。

(2) 製薬メーカーの工場・倉庫での仕事

医薬品の製造工場では管理薬剤師を置くことが義務付けられています。工場担当の管理薬剤師は製造担当者との連携のもと、医薬品の品質管理や分析業務を担当します。医薬品を保管する倉庫担当の管理薬剤師の主な仕事は在庫管理業務です。業務内容によっては製品の搬入や搬出などを担当する場合もあります。

(3) 病院やクリニックの調剤薬局での仕事

病院やクリニックなど医療機関内の調剤薬局での仕事です。主な仕事内容としては薬剤師の監督や管理、薬剤管理指導、医薬品の在庫管理、調剤業務、レセプトのチェックなどが挙げられます。勤務先の体制によっては、薬剤課長などの役職に就く場合もあります。


管理薬剤師の給料・アルバイト時給



アルバイト管理薬剤師の一般的な時給は2000~3000円程度です。地域や勤務先による違いはありますが、時給2000円台が標準的な金額と考えていいでしょう。これを給料(月収・年収)に換算してみると次のようになります。

【時給2000円の場合】
・1日8時間×週5日間働くと…月収32万円、年収384万円
【時給2500円の場合】
・1日8時間×週5日間働くと…月収40万円、年収480万円
【時給3000円の場合】
・1日8時間×週5日間働くと…月収48万円、年収576万円

管理薬剤師のアルバイト時給には幅があり、時給4000~5000円の求人もあります。上記と同様の条件で時給4000円の場合は月収64万円・年収768万円、時給5000円の場合は月収80万円・年収960万円という計算です。アルバイトということでフルタイムではなく、日に4~5時間、週に2~3日間働くという方法もあるでしょう。

同じアルバイト管理薬剤師として働くなら時給が高いほうがいいと考えるなら、高時給の求人情報が豊富な求人サイトや転職サイトの利用がオススメです。こうしたサイトには高条件の非公開求人もありますので無料登録してみるといいかもしれません。


アルバイトでも管理薬剤師になれる?



基本的に管理薬剤師は薬局や店舗に常駐すると定められています。そのため、管理薬剤師の求人は正社員や正職員が中心です。

しかし、アルバイトでも管理薬剤師になれないわけではありません。勤務先の従業員の体制やシフトの関係で、管理薬剤師のアルバイトを募集している求人もあります。

調剤薬局やドラッグストアでは薬事法という法律にしたがって管理薬剤師を常駐させなければならず、管理薬剤師が不在の場合は第一級医薬品を販売することができません。そのため、管理薬剤師を必要としている求人先ではアルバイト勤務でも問題ないと判断しているところもあるようです。


また複数の管理薬剤師を雇用している製薬メーカーでは、正社員と合わせてアルバイト管理薬剤師を雇用するケースも見られます。

薬剤師として働くためには国家資格を取得している必要があります。アルバイト求人でも必ず応募条件には「薬剤師免許を持つ人(取得見込みの人)」という記載があるように、最近では製薬メーカーが自社で開発した新しい医薬品の製品情報を医師や薬剤師などのMR(医薬情報担当者)に指導するMR担当業務に管理薬剤師を就けるというケースもあります。

これもひとつの選択肢として考慮できるアルバイト管理薬剤師の求人先です。


管理薬剤師のバイト求人を探すには?



管理薬剤師のアルバイト求人を探す方法として、新聞の求人広告・求人情報誌・インターネットの求人サイトなどが挙げられます。

ただし、管理薬剤師のアルバイト求人は少ないので、新聞広告や求人誌に募集記事が掲載されると応募が殺到してしまうということが多いようです。効率的に管理薬剤師のアルバイト求人を見つけるには、薬剤師専門の求人サイトや転職サイトを利用する方法がオススメです。


薬剤師専門の求人(転職)サイトを利用するには、ネットの公式サイトにアクセスして無料登録を行なうのが最も便利です。登録時に自分の希望条件を入力しておくと、自分自身でサイト内の求人情報を検索したり、担当スタッフから条件に合った求人を紹介してもらうことができます。

特に高時給や好条件の管理薬剤師のアルバイト求人は募集が出てもすぐに決まりやすいので、こうした便利なサイトを上手に活用していきましょう。

<アルバイト管理薬剤師のまとめ>

  • 管理薬剤師は薬局や店舗の薬剤管理責任者である
  • 一般薬剤師や従業員の監督や指導も行なう
  • 医薬品の適正な管理や保管も仕事のひとつ
  • お客様からの副作用情報を厚労省に報告する
  • 時給は2000~3000円程度が標準的な金額
  • 求人先によっては4000~5000の仕事もあり
  • 条件の良いバイト先を探すなら求人サイトがお勧め

 アルバイト薬剤師に強い求人サイトは?





このページの先頭へ