アルバイト薬剤師が人気ある理由




「薬剤師の仕事は正社員でなくてもいい」「むしろアルバイトのほうが効率的」という意見を持つ人が増えています。従来の正社員志向からアルバイト志向をする薬剤師が増加しているというわけです。

なぜ、アルバイト薬剤師は人気があるのでしょうか?その理由を詳しく探っていきます。


薬剤師のアルバイトが人気の理由とは?

一般アルバイトより時給が高い

アルバイト薬剤師が人気の理由で最も多いのが「時給が高い」という点です。一般的にアルバイトというと時給800~1000円程度が相場です。時給1000円のアルバイトの場合、1日8時間働いても日給8000円、週5日働いても月収16万円程度にしかなりません。

ところが薬剤師のアルバイトの平均時給は2000円と一般の2倍もあります。これなら上の例と同じように1日8時間・週5日働けば月収は32万円と高収入が得られます。

薬剤師のアルバイト求人には時給3000円という募集も少なくありません。時給3000円で計算すると1日8時間・週5日の勤務で月収48万円ですから、無理して正社員で働く必要はなくアルバイトのほうがいいと考える薬剤師が増えているのです。

家事や育児、介護と両立できる

薬剤師がアルバイトで働くのは時給の高さ以外にも理由があります。それが「自分の好きな日時に働ける」という点です。例えば1日に3~4時間だけ勤務する、午後だけ勤務する、曜日を選んで勤務する等、条件を定めて働くことが可能なわけです。

こうしたワークスタイルができると、家事や育児、介護など自分の事情に合わせて働けるというメリットが生じます。


「本当は働きたいけれど子育てで時間が合わない」「家庭を大切にしながら適度に働きたい」「親の介護があっても1日数時間くらい仕事をしたい」等々の都合に合わせられるのがアルバイト薬剤師のメリットといえるでしょう。

加えて、アルバイト薬剤師は時給が高いので、勤務時間が少なめでも一定の収入を得られるというメリットもあります。

Wワークで高収入を得られる



アルバイトといっても薬剤師なら働き方次第では高収入を得られる方法があります。それが2つ以上の勤務先を掛け持ちする「Wワーク」という働き方です。1つの勤務先に限定するのではなく、働きやすさや時給などを考慮して2つ以上の勤務先を上手に掛け持ちすると収入アップが期待できます。

また、調剤薬局と病院、ドラッグストアと高齢者施設というように、Wワークの勤務先の種類を変えるとスキルアップにも役立ちます。薬剤師としての経験を積み、収入もアップできるのは大きなメリットといえるでしょう。

求人が多いので転職に困らない

薬剤師のアルバイト求人は募集数が多いのが特徴です。一般的なアルバイトも募集数は多いものの、必ずしも質的に高いとは限りません。しかし薬剤師アルバイトの場合、時給や勤務条件などが高レベルの募集が多く含まれているので、条件の良い勤務先を選べて困らずに済みます。

もしもアルバイトの勤務先が自分に合わなくても、次の求人先を探すのに困らないので気分的にも楽に働くことができます。例えば時給に不満があれば高時給の勤務先に、人間関係のトラブルで悩んでいるならリラックスして働ける勤務先に…というように転職することも可能です。

いろいろな職場や業務を経験できる

アルバイト薬剤師として働くメリットの1つが、「さまざまな種類の職場や業務を経験できる」という点です。薬剤師の勤務先は範囲が広いため、なかなか多種類の職場で業務を経験することができません。

しかし、アルバイトであれば調剤薬局やドラッグストア、病院やクリニック、製薬会社などの企業、高齢者施設や介護施設など、幅広い職場で多様な業務を経験できるというわけです。こうして得られた知識や技術はスキルアップやステップアップに大いに役立つはずです。

人間関係のトラブルを避けやすい

薬剤師の仕事で多いのが人間関係のトラブルです。薬剤師は仕事の関係上、狭いスペースで同じような人々と長時間いっしょに働く必要があります。多忙でミスが許されない仕事のうえ、常に決まった人々と働いているとトラブルが起こるのは避けられないものです。

その点、アルバイト薬剤師なら人間関係が面倒になりにくく、トラブルに巻き込まれそうになったら職場を移ることも難しくはありません。

薬剤師でアルバイトという働き方を選ぶ人のなかには「正社員で職場の人間関係に疲れたから」というケースが多いのには、このような理由があるからなのです。


アルバイト薬剤師にはデメリットも



薬剤師のアルバイトにもデメリットが皆無というわけではありません。メリットだけでなくデメリットにも目を向けてみましょう。

福利厚生に差がある

正社員薬剤師には必ず付いてくるが、アルバイトでは期待できにくいのが福利厚生です。福利厚生は大きく分けて2種類あります。1つめは厚生年金や健康保険、2つめは住宅手当や食事手当などです。

こうした福利厚生をアルバイトにも適用している勤務先もある一方、正社員のみに適用するという勤務先もあります。後者の場合、アルバイト薬剤師は福利厚生の恩恵を受けられないというデメリットが生じます。

ボーナスや有休がない

正社員なら月給以外にも受け取れるボーナス(賞与)も、アルバイトには支給しないという勤務先が大半です。勤務先によっては気持ち程度(数万円)を支給するところもありますが、ほぼ期待できないと考えていいでしょう。

有給休暇についても同様のことがいえます。アルバイト薬剤師は働いた分だけの給与を受け取れるもので、有給の休暇を取得するのはむずかしいというのが現状です。


アルバイト薬剤師の仕事が人気なのは、そのメリットとデメリットを理解したうえで「アルバイトという働き方」を活用する人が多いためです。正社員とアルバイトを比較する場合は、どちらが得かだけでなく、どちらが自分に合っているかを考えることが重要です。

アルバイトという働き方を上手く活用し、ぜひ、みなさんの生活を充実させてください。


薬剤師の方でアルバイトの求人先を探しているなら、薬剤師を対象にした転職支援サイトに相談するという方法がありますよ!

アルバイト薬剤師の方の求人先探しは給与や労働条件などの事前チェックがポイントになります。自分に合った求人先を見つけるためにも、こうした転職支援サイトを活用しましょう。

<アルバイト薬剤師が人気ある理由のまとめ>

  • 薬剤師のアルバイトは時給が高いのが大きなメリット
  • 一般アルバイトの2倍程度の時給が期待できる
  • 勤務時間や曜日が選べるので家事や育児との両立も可能
  • Wワークで効率よく収入アップできるという長所も
  • いろいろな職場や業務を経験できてスキルアップになる
  • アルバイトにはデメリットもあることを知っておこう

 アルバイト薬剤師に強い求人サイトは?





このページの先頭へ