夢の実現にはアルバイト薬剤師が最適




薬剤師は、ある程度の年齢になると年収が上がらないという現実があるのも事実です。

勤務先によって異なりはあるかもしれませんが、ほとんどの薬剤師に当てはまる事実でしょう。薬剤師の資格を持っていると職に困らないというメリットは確かにありますが、それはあくまでも薬剤師の仕事を続けるならばです。


例えば、違う職種で給与待遇のよい管理職のポストがあったとしても、薬剤師という専門職であるがゆえに、管理職に必要な経営に関する知識が足りないため、ポストに就けないということもあります。

また、薬剤師という狭い世界で働いていると、どうしても別の職種への転職は困難になってきます。

ですから、薬剤師の中には、自らのスキルアップのために必要な資格取得を目指す人もいます。また、将来薬局を開業する夢を持っている人もいます。その場合も薬剤師の資格だけではなく、経営面などの勉強も必要でしょう。

しかし、実際に資格取得や勉強をするとなると、どうしても正社員で働いていると時間が取れない現状があります。正社員の薬剤師には残業がつきもので、休日さえ少ないケースもあります。

そうなると、必然的に一旦離職して、自分の夢を実現するために必要な資格取得のための勉強をする時間を確保しなければなりません。


ですから、計画的な人は薬剤師をして貯蓄を増やした後、離職して貯金を資格取得の費用に充てながら、単発や週数日間のアルバイト薬剤師をしながら自分の目標に向かって頑張っている人も増えてきています。

中には、年収の高い製薬会社などの企業への転職を目的にアルバイト薬剤師をしながら、就活している人もいます。しかし、製薬会社と調剤薬局では業務内容が違ってきます。

例えば製薬会社には、薬剤師資格者の採用率が高い職種のMR(医療情報担当者)があります。MRは自社開発薬の情報を医療従事者に提供する仕事ですが、営業のセンスも必要になってきます。

ですから、薬剤師の資格があるだけではこなせない部分があります。特に、薬局という狭い世界で働いていると社会人として学べない部分も多いでしょう。


そんな面を補うために、あえて社会人に必要なマナー及びルールを学べるところで働いてスキルアップを図る人もいます。そして、薬剤師としてのブランクを開けないように単発でアルバイト薬剤師をしている方もいらっしゃいます。

自分の将来の夢があるのなら、それに向けて必要なものを取得するためには、都合の良いときに働けるアルバイト薬剤師が最適かもしれませんね。


 アルバイト薬剤師に強い求人サイトは?





このページの先頭へ