夢の実現にはアルバイト薬剤師が最適




薬剤師といえばかなり稼げる仕事というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。ですが、実際に薬剤師として働いてみるとある程度の年齢になってからは思うように年収が伸びず、収入に不満を抱えている方もいるようです。

転職しやすい職業としても知られており、今後も薬剤師として働こうと思っている方にとっては非常に魅力的な資格ではありますが、中には他の職業に興味を持っているという方もいるはず。


自分で薬局を開業する夢があり、それに向けて頑張っている方もいますよね。そのためには勉強しなければならないこともありますし、お金も必要になるでしょう。

そこでおすすめしたいのがアルバイト薬剤師という働き方です。ここでは、夢の実現のためにアルバイト薬剤師として働くメリットなどご紹介します。


夢のためにバイトを選ぶ薬剤師も多い

バイトといえば正社員に比べるとどうしても安定していないイメージがありますよね。

しかし、自分の夢を実現するためにあえて正社員ではなくバイトで働いている方もいるのです。

製薬会社への転職の夢を叶える



製薬会社といえば非常に年収が高い職場として知られています。そのため、製薬会社で働きたいと思っている方も多く、求人情報が出たとしても競争率はかなりのものになるでしょう。

薬剤師の主な職場といえば調剤薬局ですが、製薬会社で働きたいと思った場合、調剤薬局だけでは学べないような知識・経験も必要です。


製薬会社で薬剤師が働く場合、MRと呼ばれる医療情報担当者の採用率が高いのですが、業務内容に販売業務も含まれているため、MRとして働くためには営業のセンスが求められます。

こういったことは調剤薬局では学べないので、営業のスキルやセンスが学べる職場でアルバイトをし、夢実現のための準備をしている方もいるのです。


また、コミュニケーション能力も求められる仕事なので、そういったものが磨けるアルバイト先を探すのも良いでしょう。

調剤薬局でもコミュニケーション能力を磨くことはできますが、営業技術を学ぶのは難しいので、アルバイトで営業技術が磨ける職場を探して製薬会社の面接に臨むのもおすすめの方法です。

資格取得もアルバイトの方が有利

夢を実現するために何らかの資格が必要になるケースもありますよね。そのためにはしっかり資格取得に向けて勉強しなければなりません。

しかし、正社員として働いた場合にはなかなか思うように時間が取れず、結局は資格取得を諦めてしまうこともあるでしょう。そういったことが心配な方にも時間が自由になるアルバイトの方がおすすめです。

<関連記事>
薬剤師が派遣で働く場合


夢の実現にアルバイト薬剤師が最適な理由とは



アルバイトの薬剤師として働く魅力はたくさんあります。

正社員よりも時間が自由

正社員として調剤薬局で働く場合、朝から働きに出て帰ってくるのは夕方です。毎日規則正しく生活することはできますが、家に帰ってきた後に資格取得のための勉強をする気にはなれず、疲れてすぐに寝てしまうという方も多いでしょう。

アルバイトであれば拘束時間が短いため、スケジュール管理もしやすくなります。資格取得に向けた勉強する時間も十分に取れるので、自分の夢を実現させるための対策も取れるでしょう。


そもそも、薬剤師という職業は職場によってかなり休みが少ない仕事です。例えば、病院で働く薬剤師は給与も低く、なかなか休みが取りにくい職場で、自由な時間が少ないと言えます。

比較的休みが多い職場として知られているのが公務員薬剤師や製薬会社、土日を休診日としている病院の処方せんをメインで取り扱っている薬局です。


こちらなら正社員だったとしてもある程度自分の時間を確保することができるかもしれませんが、それでもアルバイトのように休みが取りやすいわけではなく、勤務時間も長いです。

自分の夢を実現させるために資格取得に向けた勉強時間を取るということになれば睡眠時間を削ったり休みの日を使って時間を確保していく必要があるでしょう。


それよりも時間が自由になりやすいアルバイトの方が向いています。

貯蓄を増やせる



薬剤師という職業で働く場合、何といっても時給の魅力が大きいです。一般的なアルバイトだと地域によっては1,000円を超える時給のものがなかなか見つからなかったりしますよね。

ですが、薬剤師の場合は専門職ということもあり時給が非常に高く設定されています。特にドラッグストアの時給が高く、最低でも2,000円以上の時給が設定されていることが多いため、短時間のアルバイトでも貯蓄を増やすことができるのです。


中には、ドラッグストアでの仕事はちょっと…と思ってしまう方もいるかもしれません。

というのも、ドラッグストアで働くことになった場合、調剤や薬に関することだけでなく、様々な業務を行う必要があります。例えば仕分けや商品の棚卸し、薬とは関係ない日用品の販売など。


薬剤師の資格を持っていなくてもできることは絶対にやりたくないと考えてしまう方もいるようですが、薬剤師のバイトの中で時給の良さがトップクラスなので、こだわりを捨ててドラッグストアでしっかり稼ぐというのもおすすめです。

ドラッグストアなら効率よく働けて夢実現のための時間が取れますね。


どうしてもドラッグストアは嫌ということであれば院内薬局や精神科の薬の調剤を行う職場のバイトも高収入が期待できるのでチェックしてみてくださいね。

実際に薬剤師として働いている方は貯金額が大きい傾向にあります。500万円以上の貯金をしている方も多く、中には1,500万円以上の貯金を実現している方もいるそうです。


アルバイトで将来自分が調剤薬局を持つためのお金を貯めている方もたくさんいるので、薬剤師の資格を活かしてバイトで稼ぎましょう。

<関連記事>
アルバイト薬剤師の時給が高い理由

社会人としてのマナーが学べる

もちろん薬剤師として働く職場でも社会人としてのマナーは学べますが、正社員として働く場合はその職場内で学べるマナーしか身に付きませんよね。

ですが、アルバイトとして働く場合は複数の職場の掛け持ちもできるので、様々な職場でのマナーが学べるでしょう。

特に将来的に製薬会社で働きたいと思っている場合はいろいろな人とコミュニケーションを取った経験があると面接で有利になります。

まとめ

  • 夢実現のためにアルバイト薬剤師という働き方がオススメ
  • MRで働きたい人はバイトで営業センスを学ぼう
  • バイトなら資格取得に向けて勉強する時間も確保しやすい
  • ドラッグストアはバイトでも最低でも2,000円以上の時給が期待できる

 アルバイト薬剤師に強い求人サイトは?





このページの先頭へ