「薬剤師求人その他」の記事一覧

今注目されているのは専門薬剤師!?

実は今次々と登場してきているのが専門薬剤師です。専門薬剤師とは特定の分野で、医師の負担を分担して安全な薬物療法を提供することができる薬剤師です。

薬剤師が派遣で働く場合

近年は働き方も多様化しており、正社員ではなく派遣で働く人も増えています。長年にわたって安定した職場で働きたい場合は正社員の方が適していますが、ライフスタイルの変化を見越して派遣という働き方を選ぶ人もいます。 薬剤師は大学・・・

小さな子供がいる薬剤師が働ける職場

現在、小さな子供がすでにいる場合は、就職先が決まらなければ保育園に預けることができないという問題が出てきますし、今後子供ができる可能性がある女性の場合は、そのことを踏まえた上で仕事を探さなければなりません。

ターミナルケアに携わる薬剤師の仕事

現在、多くの病院や医療機関などで、ターミナルケアを行っています。ターミナルケアとは、別名緩和ケアとも呼ばれており、治療が大変難しい病を患っている人や、末期がんを宣告された人のケアを行うところです。

海外の薬剤師事情について

薬剤師の資格を取得してから、海外留学をして更に薬剤について学ぶ人もいるようです。留学を希望する人は、そこまで多くありませんが、滞在期間は数ヶ月から数年単位と様々です。

病院と薬局勤務、薬剤師の違いはどこ?

最近、特に活動の幅が広くなっているのが薬剤師です。 病院・調剤薬局・製薬会社・化粧品や食料品の製造販売企業・薬や化学品の研究センターなど幅広い業種で仕事をしています。

ドラッグストアで勤務する薬剤師の特徴

薬剤師資格を持っている人たちが毎年増えているので、薬剤師として仕事をすることが難しくなっています。病院や調剤薬局の求人数は多くないですから就職は厳しいです。実際の職場として現実的なのはドラッグストアかもしれません。 ここ・・・

薬剤師、ほかの業界から薬局へ転職する

薬剤師の仕事は、調剤薬局や病院内の薬局ばかりではありません。薬学の知識をいかして、医薬品メーカーや医療関係のメーカーで働いている人もいます。医薬品メーカーや医療関係のメーカーで仕事をしている人の多くは、正社員で雇われてい・・・

6年制薬剤師の採用と今後

6年制の薬剤師は、今即戦力になるとして期待もされています。ただ実際は今のところあまり転職には変化がないようです。

薬剤師を目指すには?

薬剤師の数は飽和状態となってきており、今後益々人が余っていくと いう声があります。しかし、人が余っているのは都心部が多く、 地方の街へ行くと、まだまだ薬剤師の数が足りていないのが現状です。

このページの先頭へ