アルバイト薬剤師のメリットとデメリット

薬剤師には、正社員や派遣だけではなく、アルバイトとして働く人も多く存在します。そこで、アルバイト薬剤師のメリットやデメリットについてご紹介していくことにしましょう。

これから、アルバイト薬剤師として働くことを検討している人は、事前に把握しておきたい内容ばかりとなっていますので、参考にしてみて下さい。


まず、メリットについてですが、自分の都合に合わせてシフトを組んでもらうことができるということです。

正社員の場合、フルタイムの勤務となりますし、平日に休みを取ることは難しいといえます。また、派遣の場合、自由に休みの希望を出すことはできますが、短時間の勤務は歓迎されないことが多く、フルタイムで働いている人がほとんどです。


しかし、アルバイト薬剤師の場合は、短時間の勤務が可能なだけではなく、自由に休みを取ることができるため、家事や育児との両立が図りやすいといえます。

また、一般的なアルバイトと比べると、非常に時給が高額であることも魅力の1つでしょう。

正社員や派遣と比べると、時給は低くなってしまいますが、最低でも時給1,500円から募集している求人が多く、人手不足で困っているところや、地方の調剤薬局などの場合は、4,000円近い時給が提示されていることも珍しくありません。

ですから、短時間で稼ぎたいということであれば、非常に効率よく稼ぐことができるのです。


それから、勤務時間が長い場合は、社会保険に加入することができるのもメリットの1つだといえるでしょう。もちろん、短時間で週に2~3回の勤務ということであれば、加入することはできませんが、労働時間や就業期間が基準を満たせば、誰でも加入することが可能です。

ただし、アルバイトの社会保険に関しては、毎年制度の改正が行われていることから、正社員や派遣のように、常時加入することができないケースも考えられますので、就業前に確認する必要があります。


では次に、デメリットについて、代表的なものを3つご紹介していくことにしましょう。まず1つ目は、時給が高額であるとはいえ、薬剤師の業界の中では最低賃金であるということです。

これは、正社員や派遣と比べてみるとよく分かりますが、長く勤めていれば多少の昇給はあるものの、福利厚生や退職金、ボーナスなどは支給されないため、時給のみで稼いでいかなければなりません。

2つ目は、アルバイトでの経験が、実務経験として認められないケースが多いということです。

今後、正社員や派遣社員として働く予定がないということであれば、それほど気にする必要はありません。しかし、正社員や派遣社員として、働くことを考えている場合、アルバイトとして働いていた期間が、ブランクとして扱われることがあることを、覚えておいた方が良いでしょう。



その点、正社員や派遣の場合は、アルバイトとは違い、ブランクと捉えられるようなことはありませんので、転職の際に大きな違いが出てくるといえます。

そして、最後の3つ目は、責任のある仕事を任されることがないため、やりがいを感じることができないケースがあるということです。実務的な面では、正社員や派遣と、それほど大きく変わらないこともありますが、責任を伴うような仕事や、リスクがある仕事はアルバイトに任せることがありません。


ですから、正社員や派遣として働いた経験がある人は、やりがいを感じることができずに、仕事が退屈に感じてしまう人も少なくないようです。

以上のように、アルバイト薬剤師には、メリットとデメリットがあることが分かりましたが、現在の求人状況をみていると、アルバイト薬剤師の求人数は少なくなってきている傾向にあります。


そのため、自力で求人を探すよりも、薬剤師の転職を支援している企業に無料登録し、アルバイトの求人を探した方が、効率よく仕事を見つけることができるといえます。興味がある場合は、複数の企業に登録して、求人を比較してみると良いでしょう。

以下は、アルバイト薬剤師に関連する記事です。よかったら参考にしてください。

アルバイト薬剤師の関連記事一覧


よりよい求人先を見つけるには?

好条件の求人先を見つけるには、やはりアルバイト薬剤師に強い求人サイトに登録する必要があります。下記で、そうしたサイトを紹介していますので、よかったら参考にしてください。


 アルバイト薬剤師に強い求人サイトは?


このページの先頭へ