アルバイト薬剤師の求人について

家庭の事情や、大学院の学生ということで、アルバイトとして働くことを選択する薬剤師の方がいます。しかし、初めて仕事を探す場合、どのような求人先があるのか分からないものです。

そこで、代表的な求人先についてご紹介するとともに、基本的な業務の内容や、アルバイトを探す上での注意点についてご紹介していくことにします。

まず、アルバイト薬剤師の求人先として最も多いのは、ドラッグストアや調剤薬局だといえます。特に、地方のドラッグストアや調剤薬局は、慢性的な人手不足で悩んでおり、アルバイトの募集が非常に多いようです。


業務の内容についてですが、まずドラッグストアの場合、接客や販売がメインとなります。そのため、どちらかというと、薬剤師本来の仕事をするというよりは、雑用やレジ打ち、品出し、棚卸などに携わる機会が多いようです。

唯一、薬剤師らしい仕事といえば、薬を販売する際に、服用時の注意点を説明したり、症状や体質に合わせた薬をお勧めするくらいだといえます。

ただし、調剤薬局が併設されているドラッグストアであれば、調剤に携わるケースもありますので、もう少々薬剤師本来の仕事に携わることができるといえるでしょう。


次に、調剤薬局で働く場合ですが、業務内容としては、調剤はもちろんのこと、監査やお薬手帳に薬歴を記載する仕事などを行います。体力面での負担が少ないため、家事や育児と両立している女性は、とても働きやすいといえますが、どちらかというと正社員の補助的な仕事が多くなりますので、やりがいを感じることができない人もいるようです。

給与面でいうと、ドラッグストアが時給1,500円前後から2,000円前後、調剤薬局で時給2,000円から2,500円前後が相場です。とはいえ、この金額は都心部の相場であり、薬剤師不足で悩む地方へ行けば、時給4,000円以上稼ぐことができるケースも多々あります。

このように、代表的なアルバイト薬剤師の求人先についてみていきましたが、他のアルバイトとしては、医薬品の情報収集や評価などを行う、DIと呼ばれる薬剤管理業務でのアルバイト募集もあります。

DI業務は、病院などでも行っていますが、特に製薬会社の問い合わせ窓口の募集の方が多いといえるでしょう。薬剤師としての知識が問われる仕事ではありますが、一般の消費者に対して、薬剤に関する相談などに答える仕事がメインとなるようです。


給与面についてですが、求人先によってバラつきはあるものの、大体時給2,000円程度が相場だといえます。

それでは次に、アルバイトを探す上での注意点についてご紹介していくことにします。まず、つい忘れてしまいがちなのは、時給が高いことから、働き過ぎると扶養内の範囲に収まらないことがあるということです。

これは、既婚女性に当てはまる内容となりますが、扶養内の範囲に収まらなくても問題ない場合は心配ないものの、月に8万円から9万円稼いでしまうと、すぐに扶養内の範囲を超えてしまうことを忘れてはいけません。

その他の注意点としては、職場によって、正社員と変わらない仕事を任されることもあるとはいえ、責任を伴ったり、やりがいがある仕事はやらせてもらえないケースが多いということです。

そのため、実際にアルバイトとして働き始めてから、モチベーションが低下したり、やりがいを見つけられないと感じる人が多いといえます。


とはいえ、家庭と両立したい女性や、自分の都合に合わせて働きたい人にとっては、アルバイト形態で働く方が合っている場合もありますので、割り切って働くしかないといえるでしょう。

それから、最後の注意点としては、条件が良いアルバイトを見つけるためにも、情報を集める必要があるということです。書店やコンビニで販売されている求人情報誌は、薬剤師の求人数が限られていることもあり、条件が良い仕事はすぐに応募が殺到してしまいます。

そのため、薬剤師の求人を専門に扱っている、求職支援サイトを活用してみることをおすすめします。希望する条件に合わせてアルバイトを探すことができますので、理想に近いアルバイトを探すことができるでしょう。


 アルバイト薬剤師に強い求人サイトは?


このページの先頭へ