病院と薬局勤務、薬剤師の違いはどこ?




薬剤師が働ける職場の選択肢はいろいろあります。その中で病院と薬局のどちらに勤務しようか悩んでいる方もいるでしょう。

薬剤師として働く以上、どこで働いたとしても業務内容は同じなのでは?と思うかもしれませんが、職場によって求められる能力や担当する仕事の内容は異なります。

ここでは病院と薬局勤務ではどのような違いがあるのかについてご紹介しましょう。


薬剤師の仕事、病院と薬局勤務の違い何がある?

以前は病院で診察を受け、そこで出された処方せんをもって病院内にある薬局で薬を受け取っていましたよね。

しかし、近年は医薬分業の影響もあり、処方せんは病院の近くにある薬局に持ち込んでそこで薬を受け取るのが一般的な流れとなっています。


薬局で働く薬剤師は主に調剤と服薬指導、薬歴管理といった業務を行うことになりました。業務の内容には完全分包や投薬日の記入、ホチキス止めなどの細かい作業も含まれます。

1人あたりが担当する処方せんの数も多く、効率よく仕事を行っていかなければなりません。


病院薬剤師はどのような仕事をするのかというと、こちらは主に入院患者さんへの対応を基本とした薬の調剤・製剤・服薬指導を行います。

病院で働く場合はチーム医療のメンバーの1人として仕事をすることになるわけなので、医薬品に関することだけでなく、院内感染対策をとったり、医師に対して薬物療法に関するアドバイスをすることも多いです。

<関連記事>:6年制薬剤師の採用と今後

求められるスキルは?



臨床現場で働く場面も多いため、自分の場合は薬局薬剤師と病院薬剤師のどちらが向いているか考えてみましょう。

病院で働く際には薬剤に関するスペシャリストとして専門的な働きが求められることになりますよね。

一方で薬局の場合は店頭でお客さんの相談を受けながら薬を選んだりする業務も含まれます。お客さんとコミュニケーションを取りながら業務をしたい方は薬局のほうが向いているでしょう。

忙しさはどちらが上?

病院と薬局勤務を比較してみると、一般的には病院の方が忙しい傾向にあります。多くの病院では最低限の人数で仕事をしているため、1人が担当する業務内容が多くなるのです。

また、病院で働く看護師は夜勤も担当することになるわけですが、薬剤師も残業がある病院は珍しくありません。看護師ほど夜勤の回数は多くありませんが、薬剤師も夜勤を担当する職場の場合は忙しさを感じることが多いでしょう。


それから、調剤薬局に比べると病院の方が休みを取りにくい傾向にあります。薬局の中には営業時間が長いところもありますが、そういったところではシフト交代制になるのが一般的です。

パートタイムという働き方を選択しやすいのも薬局だといえるでしょう。

給料はどちらが高い?



とにかく収入にこだわって職場選びを探したい方にとって給料の問題は大きいですよね。一般的には病院の方が忙しものの、給料では調剤薬局の方が高い傾向にあります。

薬局の場合、管理薬剤師になることができれば最低でも500万円以上の収入が期待できます。都市部よりも地方の方が高い給与が設定されている傾向にあり、中には経験10年以上のキャリアを積んだ薬剤師には800万円以上の報酬を支払うところもあるようです。

病院の場合はどうなのかというと、働き始めてすぐの頃は年収は400万円ほどになるでしょう。ただ、夜勤を担当することになった場合は夜勤手当が大きくなります。


病院薬剤師としてどれくらい稼げるかというのは、どれほど夜勤を担当することになるかによっても大きく変わってくるでしょう。

長年にわたって病院薬剤師として働いている場合には600万円以上の収入を得ることも不可能ではありません。

ママさん薬剤師の働きやすさ

子育てしながら働けるところを探したい方は病院もチェックしてみましょう。というのも、病院の方が託児所が完備されているところが多いのです。

どこかに子どもを預けなければ働けない方の場合、まずは託児所を探さなければなりませんよね。

病院の中には薬剤師が働きやすいように託児所を完備しているところも増えてきているので、子どもを預けて働きたいと思っている方は確認してみましょう。

<関連記事>:アルバイト薬剤師が人気ある理由



薬局から病院への転職は注意が必要!



薬局も病院もそれぞれメリットとデメリットがあるのですが、薬局で働いていたものの、不満を感じて病院への転職を検討している方も多いようです。

その大きな理由ともいえるのが、薬局では病院ほどのやりがいが感じられないことにあるでしょう。もっと経験を積みたい、スキルを磨きたい方は薬局では不満を感じてしまう可能性があります。

しかし、一般的に調剤薬局から病院に転職をするのは簡単なことではないとされているのです。その理由は以下の通りです。

中途採用が少ない

病院では新卒薬剤師の採用がほとんどで、中途採用の求人が出るのは欠員補充のタイミングなどかなり少ない傾向にあります。そのため、病院への転職は簡単ではありません。

幅広い知識が必要になる

病院勤務の場合は、薬局にはない点滴薬の調剤など新たに覚えなければならない知識がたくさんあります。特に多くの科目のある病院では非常に幅広い薬を取り扱っています。

もちろん、勉強することにストレスを感じない方であれば問題ないかもしれませんが、例え長年調剤薬局で働いていたからといって病院でもスムーズに仕事ができるとは思わない方が良いかもしれませんね。

給料・年収がダウンする

それから、先述したように病院よりも薬局の方が給料が高い傾向にあるため、病院に転職したところ給料が下がってしまったというケースもあります。

ここに不満を感じてしまうこともいるので、本当に病院に転職をするのかよく考えておきましょう。

病院への転職を成功させるためには

薬局で働いているけれど病院に転職したいと感じているのであれば、専門家の力を借りるのがおすすめです。

転職エージェントに登録をし、コンサルタントの力を借りて自分にとって最適な職場探しをしてみましょう。


薬局から病院に転職するのは簡単なことではないのですが、転職の専門家である転職エージェントの力を借りることができれば難易度は低くなります。

自分ひとりの力だけで転職を成功させようと思うとなかなか難しいため、自分にはどのような病院が向いているのか、どの職場ならば無理なく働いていけるのか相談してみましょう。


病院に就職したものの自分に合わずにすぐに辞めてしまう方もいますが、その職場が自分に向いていなかっただけかもしれません。

専門家に相談をすればそういったトラブルも防げるでしょう。

まとめ

  • 病院と薬局勤務では業務内容に違いがある
  • 病院ではチーム医療のメンバーの1人として働く
  • 病院の方が忙しいのが一般的
  • 薬局よりも病院の方が休みを取りにくい
  • 病院の方が託児所が完備されている場合が多い
  • 病院求人は少ないので転職サイトを利用するのがおすすめ!

 薬剤師アルバイトに強い求人サイトは?




このページの先頭へ