ターミナルケアに携わる薬剤師の仕事




ターミナルケアとは別名で「緩和ケア」とも呼ばれているもので、多くの病院や医療機関で行われています。完治が困難な病を患っている方や末期癌を宣告された方に対して行うケア、それを行う施設のことです。

死に直面している患者さんは精神的な不安も抱えていますよね。ターミナルケアではそういった方の心のケアも行い、苦痛を癒すお手伝いをします。


ターミナルケアって何?

大前提として理解しておきたいのが、ターミナルケアは延命治療を目的としたものではないということ。医療によって延命治療を行うのではなく、死に対する恐怖心を緩和したり、不安を取り除くことが大きな目的となっています。

死に直面している患者さんは精神的・身体的な不安やストレス、恐怖を感じているので、それを取り除くために行われるのがターミナルケアです。

また、心身的な不安を抱えているのは患者さんだけでなく、そのご家族も同じですよね。
ターミナルケアではご家族のサポートも行います。


ターミナルケアに携わる薬剤師の役割・仕事とは?



薬剤師はターミナルケアで様々な仕事を担当することになります。例えば、治療の一環で麻酔を使用することになった場合、どのような目的で麻酔を使用するのか、使用した場合にはどのような効果や副作用が考えられるのかといったことも患者さんがしっかり理解できるように伝えることが大切です。

口頭で説明するだけではなかなかわからないこともあるので、パンフレットや資料を作成することもあります。


患者さんの中には頑なに麻酔を拒否する方もいますが、そういった方の多くは麻酔に対して良くないイメージを持っていたり、間違った知識を持っているケースも多いです。

麻酔に対する不安を払拭するためにも薬剤師は大切な働きをすることになります。

チーム医療の一員としての重要性

ターミナルケアではチーム医療が行われます。患者さんによっては麻酔や鎮痛剤、鎮痛補助薬を使用した治療を行うことになりますが、患者さんに対してこれらの使用法や副作用などについて詳しく説明するだけでなく、チームスタッフに対しても正しい情報を伝えていかなければなりません。

治療方針についてもチームで考えていくことになるので、薬剤師の意見が治療方針を考える際に非常に重要になることも多いのです。

専門的な立場から不安を取り除く

ターミナルケアでは治療が難しい方や末期癌の方のケアを行うのですが、末期癌の状態になると息苦しさや吐き気、倦怠感、食欲不振など様々な不調が現れます。

これが更に精神状態を不安定にさせたり、気持ちを生み出してしまうこともあるのですが、薬剤師は患者さんの不安を聞き、それを一つでも取り除いていくために重要な役割を持っているといえるでしょう。


精神的な苦痛を取り除くために効果的な薬を選ぶのも薬剤師の役割です。

患者さんがどのような不安や不調を感じているのかを正しく理解し、残りの日常をできるだけ安らかに送るためにも薬剤師の専門的な知識が欠かせません。

<関連記事>:薬剤師の適正について


ターミナルケアで働く注意点



ターミナルケアで働く場合、薬剤師が具体的にどのような仕事を担当することになるかというのは各施設や病院によって大きく変わってきます。自分がターミナルケアでやりたいと思っていた仕事ができない施設もあるでしょう。

また、求められる知識や技術も職場によって様々です。ターミナルケアでは死に直面している患者さんと接することになるので、新人の薬剤師よりもベテラン薬剤師に向いています。


まだ薬剤師としての経験が浅いうちからターミナルケアで働くと挫折してしまう可能性もあるので、今後ターミナルケアで働きたいと思っている方はまずは薬剤師としての経験を十分に積んでいきましょう。

その際にはコミュニケーション能力を身につけることも優先させたいですね。様々な不安を抱えている患者さんやそのご家族と接することになるだけでなく、チーム医療で取り組むケアなので医師や薬剤師などたくさんの立場の方と接することになります。


そこではコミュニケーション能力が必須になるので、将来的にターミナルケアで働きたいと思っている方は普段からコミュニケーション能力を磨くことを心がけるのがおすすめです。

ターミナルケアで薬剤師が接するのは余命の短い患者さんとそのご後家族なので、かける言葉を一つ選ぶだけでも細心の注意を払わなければなりません。人の気持ちに寄り添える人でなければこの仕事は務まらないでしょう。

やりがいと精神的な負担について

ターミナルケアでの仕事は非常にやりがいがあります。

患者さんと家族に寄り添い、患者さんが死を迎える間際に「今までありがとう」と言葉をかけてもらえることもありますが、薬剤師が受ける精神的な負担についてもよく考えておきましょう。


ターミナルケアで接するのは予後の短い患者さんです。不安な気持ちを薬剤師にぶつけたり、ひどく落ち込んで食事も全く喉を通らなくなってしまう方もいます。

この職場で働く以上、死と直面する機会は少なくありません。そこで大きな精神的なストレスを抱え、転職する薬剤師もいるので、自分がそのストレスに耐えられるかどうかということもよく考えておきましょう。


ターミナルケアで薬剤師が担当することになるのは高齢者だけではありません。小さな子どもやまだまだ若い方も含まれています。

そういった方の死に直面した薬剤師の精神的な負担は計り知れませんが、同時に大きなやりがいもある仕事です。


ただ、向いている人と向いていない人がいるので、自分にとって健康回復をサポートするための薬剤師が向いているのか、ターミナルケアのように末期の患者さんをサポートする薬剤師が向いているのか十分に考えることが大切になります。

興味はあるものの自分でもターミナルケアの仕事ができるかどうか不安に思っている…ということであれば転職支援サイトに相談してみるというのも一つの方法です。

<関連記事>:アルバイト薬剤師の効率の良い探し方

ターミナルケアに関わる薬剤師の求人を取り扱っているところに相談すれば、より具体的に検討できるでしょう。

まとめ

  • ターミナルケアでは苦痛を癒すお手伝いができる
  • ターミナルケアでは家族のサポートをすることも大切
  • 新人の薬剤師よりもベテラン薬剤師が向いている
  • コミュニケーション能力が必須になる

 アルバイト薬剤師に強い求人サイトは?




このページの先頭へ