薬剤師が派遣で働く場合はどんな点に注意する?




何となく「派遣」と聞くと、正社員よりも待遇が良くない、何かあるとすぐに解雇されやすい立場というようなイメージを持っている方もいるかもしれません。

しかし、薬剤師の場合は派遣として働く魅力も大きく、多くの方が実際に派遣薬剤師として活躍しているのです。


ですが、これから派遣薬剤師として働こうと思っている方の中には不安を感じている方もいるはず。

そこで、実際に派遣薬剤師として働き始めた場合にどのようなメリットデメリットがあるのか、どうすれば派遣薬剤師になれるのかなどについてご紹介します。


派遣で働く薬剤師が増えている

なぜ派遣という働き方を選択する薬剤師が増えているのでしょうか。大きな理由はライフスタイルの変化にあります。

例えば、結婚をして子どもが生まれた女性薬剤師の場合、仕事と家事を両立させるのはなかなか難しいことですよね。正社員で残業がある職場だと子供のお迎えにも間に合わず困る…方もいるでしょう。


派遣という働き方であれば事前に取り決めた契約に基づいて働くことができるため、予定外の残業を断ることもできます。

自分の生活に合わせて働きたいと思っている方にとっても派遣が非常に便利なのでチェックしてみてくださいね。


薬剤師が派遣で働くメリット


自由度の高い働き方ができる

大きなメリットともいえるのが、正社員として働くのに比べると自由に働けるということ。どのような時間帯や契約で働くかは事前に派遣会社とよく打ち合わせをし、その内容に沿って仕事をすることができるのです。

正社員として働き始めた場合、事前の説明ではほとんど残業がないと聞いていたにも関わらず、実際に働いてみたら毎日長時間の残業があった…としても残業を断ることは難しいですよね。

しかし、派遣社員として働く場合は自分が契約するのはあくまで派遣会社なので、勤務先となる病院やクリニックから事前に取り決めのない仕事をお願いされても断ることができるのです。

派遣でも稼げる

パートやアルバイトでも同じことがいえますが、薬剤師は派遣という働き方だったとしても高収入が期待できます。一般的に高収入を目指すためには正社員にならなければなりませんよね。

しかし、薬剤師は専門的な知識を必要とする職業ということもり、中には時給4,000円を超える求人が出ているところもあるのです。特に即戦力が期待できる薬剤師の場合、正社員よりも給料が高くなるケースも珍しくありません。


なぜここまで高い時給が設定されているのかというと、大きな理由は薬剤師が不足していることにあります。高い時給が支払ってでも薬剤師を雇用したいと考えている病院やクリニックが多いのです。

この傾向はまだしばらく続くとされているので、派遣でもかなりの高収入が期待できるでしょう。

<関連記事>:アルバイト薬剤師の時給が高い理由


薬剤師が派遣で働くデメリット



派遣という働き方は正社員に比べて自由であるのはメリットですが、安定性が高いとは言えません。その他にも次のようなデメリットが挙げられます。

責任感のある仕事を任せられることはない

クリニックや病院にとっての派遣社員は一般的なピンチヒッターのような役割を果たしています。そのため、基本的に責任感のある仕事を任せられることはありません。

これは薬剤師としての腕を磨くことができないということにもつながるでしょう。


たくさんの職場に派遣されればそれだけ経験を積むことはできますが、どこでも派遣社員はそれほど技術や知識を必要としない簡単な仕事を任せられるので、薬剤師として上を目指している方には向いていない働き方だといえます。

中には、自分はもっとできるのに…と不満を感じてしまう方もいるでしょう。

仕事に慣れるのが大変

一定期間の勤務が終わったら次の職場に移る働き方をする派遣社員の場合、職場が変わるたびに新しいことを覚えなければなりません。前の職場で身に付けたことが役に立たないケースもあるため、常にその職場に合った知識と技術を必要とされる立場だといえるでしょう。

また、人間関係も新たに構築しなければなりませんよね。

人間関係に問題があって職場を離れる人もいるくらいなので、定期的に新しい人間関係を構築する必要のある派遣という働き方はコミュニケーションが苦手な人にとって働きにくさを感じることもあるでしょう。

即戦力を求められる

クリニックや病院ではすぐに即戦力として働いてくれる人を求めています。

正社員として雇う場合は長く雇用することを考えて一から細かい指導をしてくれるのですが、派遣社員はある程度知識や経験を持った人なければ採用してもらえないでしょう。

まだ薬剤師としてのスキルが足りていない方の場合、採用してくれるところが見つからないことも考えられます。

<関連記事>:アルバイト薬剤師をしたいけどブランクが気になる‥


派遣薬剤師になるには?



派遣薬剤師として働きたいと思っているのであれば、まずは派遣会社を探して契約をする必要があります。薬剤師の派遣をしている会社がいくつかあるのでチェックしてみてくださいね。

その際に注意したいことが、力のある大手派遣会社を選ぶということ。中には病院やクリニックに対して強く出ることができないために当初の取り決めにない仕事をお願いされたとしても抗議できない会社もあります。


それから、各派遣会社によって取り扱っている職場の種類が違うので注意しておきましょう。例えば、薬局への派遣情報は多数あるものの、ドラッグストアの求人はほとんどないようなところもあります。

派遣会社に登録をすると希望の条件について聞かれるので、自分の働きたい職場などを細かく伝えて求人を紹介してもらいましょう。あとは職場見学などを行った後に雇用契約を結び、実際に勤務を開始する形になります。

紹介予定派遣という働き方もある

まずは派遣の薬剤師として働きたいと思っているけれど、将来的には正社員での勤務を目指しているのであれば「紹介予定派遣」制度を取り入れている職場を選択するのがおすすめです。

これは、一定の期間が終了した後に求人元と派遣された薬剤師の双方の合意があれば正社員として契約を更新できる制度となっています。

気になる職場があるけれど初めから正社員として働くのは少し不安がある方も紹介予定派遣制度を利用して職場の様子をチェックしてみましょう。

まとめ

  • ライフスタイルの変化が理由で派遣を選択する人が多い
  • 薬剤師は派遣でも高収入を得やすい
  • 時給4,000円を超える派遣情報もある
  • 派遣は即戦力を求められる
  • 派遣会社によって扱っている求人の種類が違う




このページの先頭へ